札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。

2017/04/04

石山通り、南6条での幅員減少 ③

 昨日の続きです。
 大正~昭和戦前期と昭和戦後の間に、石山通りで何があったか。それを物語るのが1948(昭和23)年米軍空撮写真です。
1948年米軍空撮写真 石山通り周辺
 画像のほぼ中央を上下(南北)に通じているのが石山通りで、例によって南3条を青い○で、南6条を赤い○で囲いました。画像最上部、左右(東西)横長に写っているのが大通です。
 これを見ると、石山通りは大通から南6条の赤い○のあたりにかけて、接道する民地が白っぽく写っています。

 その部分を拡大してみましょう。
1948年米軍空撮写真 石山通り 建物疎開跡?
 白っぽくなっている部分の境目を黄色の線でなぞりました。家屋が密集しているところが黒っぽく写っているのと対照的ですが、かといって真っ白ではありません。正確にいうと灰色がかっています。道路がくっきり白く写っているのと家屋の黒っぽさの中間、といったところでしょうか。

 これは、もともと家屋が建っていたところを更地にした痕、と見えます。私は、戦時中の「建物疎開」(末注①)の痕ではないかと思いました。この痕跡は石山通りだけでなく、青い○の少し南側、すなわち南4条の通りと、赤い○すなわち南6条の通りのそれぞれ石山通り以東にも窺えます。

 赤い○の南6条付近をさらに拡大してみましょう。
1948年米軍空撮写真 石山通り 南6条附近
 南6条の交差点まではおおむね順調(?)に疎開されてきたようですが、その南側には家屋が残っています。前掲画像に戻って、さらに南下していくと、ところどころ空地が見られるものの、家屋の残存が目立ってきます。南6条以南も疎開するつもりが、1945年8月15日をもってタイムオーバーだったか。
 
 結局、石山通りが南6条の北側まで幅員を広げることができたのは、戦時中の疎開のおかげといえるのではないでしょうか。一目瞭然、拡幅しやすいですよね。一方、南6条以南の幅員を広げるためには、残っていた家屋を新たに壊す必要があります。さらぬだに復員や引揚げで住宅不足が深刻化するにつれて、これは難しかったことでしょう。
 巨大パチンコ店のアイストップ(4月2日ブログ掲載画像)もまた、札幌の戦跡だった。私の妄想的結論です(末注②)。

注①:2014.10.4ブログ http://keystonesapporo.blog.fc2.com/blog-entry-72.html 及び2014.10.5ブログ http://keystonesapporo.blog.fc2.com/blog-entry-73.html 参照。 「疎開」というのは「密閉」の対義語のようだが、要は強制破壊ですよね。なんだか、「転進」や「玉砕」に通じるコトバの置き換えみたいだ。
注②:私は戦時防空的都市計画としての建物疎開の痕と想像したが、札幌にはそれ以前、いわば平時の都市計画として広幅路の構想があった。このことは越澤明先生(北大名誉教授)が論考されている。先生の論文を勉強して、あらためて言及したい。
スポンサーサイト

≪ 雁木ホーム石山通り、南6条での幅員減少 ② ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR