札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。

2017/03/31

阿部仁太郎 厚別旭町の屋敷

 厚別旭町の煉瓦造蔵を見つけたのは、私にとって‘発見’という範疇に入れたいできごとです。前にも記したように、発見というコトバを軽々に使うのを私は自戒するようになりました(末注①)。しかしこのたびは戒めを解きたい。その理由は以下の3点です。
 ①阿部仁太郎ゆかりの建物である。
 ②かなり古い建物である(昭和戦前以前か?)。
 ③煉瓦の積み方が、少々特殊である。

 ①②は持ち主のOさんからご教示いただいたことなので私の発見というのはおこがましいのですが、阿部仁太郎に関する知見と③を加味して、合わせ技一本で発見と表現させてください。 

 1948(昭和23)年米軍空撮写真(出典:国土地理院)から、厚別旭町界隈をトリミングしました。
1948年米軍空撮 厚別旭町周辺
 方位は1時半の向きが北です。厚別停車場通りを黄色の線、江別街道(現国道12号)を茶色の線でなぞりました。停車場通りが南北の方位とほぼ一致します。阿部仁太郎の屋敷があったのは、停車場通りと江別街道が交差する近くです(末注②)。私は赤矢印を付けた先が阿部宅とみました。

 その部分を拡大してみると…。
1948年米軍空撮 厚別旭町 阿部仁太郎屋敷?
 屋敷林とおぼしき黒い影の中に、わりと大きな家屋が写っています。この一画に煉瓦の蔵も写っているかもしれません。現持ち主Oさんによると、蔵はもともと道路に面して建っていたそうです。Oさんが買い取った1963年に曳家して、現在は道路から十数m奥まっています。

注①:2015.3.30ブログ http://keystonesapporo.blog.fc2.com/blog-entry-248.html 参照。世間では隠喩的な修辞で発見というコトバを使っているのかもしれないが、コトバを使う側と受け取る側の双方に隠喩という理解が必ずしもあるとは思えない。よって多用乱用は慎みたい。『広辞苑』第五版1998年によると、「発見」とは「まだ知られていなかったものを、はじめて見つけ出すこと」である。私は、「まだ知られていなかった」の前に「おおやけに」とか「一般に」と補って解したい。他の人々には知られているが自分は知らなかったというモノを「はじめて見つけ出」しても、それを発見とはいえまい。コロンブスが北アメリカに到達したのは、ヨーロッパ人にとっては「はじめて見つけ出」したことかもしれないが、アメリカ先住民のほうが先に「見つけ出」したのだから、コロンブスの発見とはいえない。もし彼が、「地球」という天体における「世界」の一地域としてアメリカを正確に認識したのであれば、発見といえるかもしれない。しかし、コロンブスは自分が上陸した土地をインドと思っていたようだから(西インド諸島の由来)、その意味でも発見とは言いがたい。

注②:『厚別中央 人と歴史』2010年、pp.33-34所収「昭和初期の厚別駅周辺・旭町付近図」参照
スポンサーサイト

≪ 山は友だちホーム厚別旭町 煉瓦造の蔵(承前) ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR