FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2016/09/23

子取川⑤

 9月19日ブログの続きです。 
 札幌競馬場の東側を流れていたという子取川。競馬場関係の書物以外では、私は聞いたことのない地名(川名)です。この名前は、『札幌競馬沿革誌』1928年に出てきます。同書は1911(明治44)年が初版で、どうもそれが出どころらしい。

 同じ年の「北海タイムス」(現北海道新聞)8月26日記事です。
北海タイムス 明治44.8.26記事 札幌競馬沿革
 「札幌競馬沿革」という特集記事に、「子取川時代」という一節があります(末注①)。文面は『札幌競馬沿革誌』の記述とほぼ同じで、どちらかがどちらかを引用したものと思われます。この中に「札幌の西北端琴似川の東岸字子取川農場」に新競馬場を作ったことが記されています(赤傍線の箇所)。

 まだ調べは終わっていないのですが、現時点での私の推論を以下に述べます。

 推論A:子取川の由来はチエプンペツ
 チエプンペツは、山田秀三先生によると、現在の植物園あたりにミナモト(ピシクシメム)を発し、鉄道の北側でコトニ川すなわち現在の知事公館にミナモト(キムクシメム)を発する川に合流します(末注②)。
明治29年地形図 チエプンペツ
 濃い青でなぞったのがチエプンペツ、薄い青がコトニ川です(元図は明治29年地形図)。  
 同じく山田先生の語釈によれば、チエプンペツは「魚が・そこに入る・川」です。一方「子取川」は、『札幌競馬場100年史』2007年で「俗説」として、サケの卵(筋子)を取る川という由来が紹介されています。チエプンペツの意訳としての子取川が考えられます。

 推論B:子取川は琴似川の誤記
 コトリ川、コトニ川。似ています。「子取川」は、明治期の古地図などに出てきません。いくら俗称地名だとしても、疑わしい。サケの卵を取るという由来も、あとづけ臭い。

 注①:この年に皇太子(後の大正天皇)が行啓し、札幌競馬場に台臨した。記事はそれに合わせて特集したものらしい。
 注②山田秀三『札幌のアイヌ地名を尋ねて』1965年、p.56。松浦武四郎の『西蝦夷日誌』の「チエフンベツ」を語釈した。なお先生は、他の古文書に書かれた「セロンペツ」(セロヲンヘツ、マロンヘツ)と「同じ川らしく見える」と記す(p.53)。
スポンサーサイト



≪ 倶知安で時空逍遥ホーム鴨々川ウォーキング 2016秋の編 ≫

Comment

少なくとも競馬場移転時期に、コトニ川と子取川が 別々に認識されている記述がありました

ところで、宮部記念緑地の柵のあのRのあたりが、知事公館へ至る旧河道であるという予想でしょうか
確かにニオイますね(*^.^*)
ロマンだわ~



コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック