FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2016/09/21

札沼線で時空逍遥

 砂川の病院に入院している義弟(妻の弟)の見舞いに行ってきました。
 
 札幌から砂川へ行くのに、遠回りしました。札沼線で新十津川まで行き、バスで滝川に渡り、函館本線で砂川に至るという行程です。新十津川に鉄路では行ったことがなかったので、一度体験してみたかったのです。
 驚きました。何がって、石狩当別で乗り換えた1両のディーゼル車の乗客の混み具合です。次の北海道医療大学で降りる人が多かったのですが、かなりの客がそのまま新十津川まで乗ってました。ざっと数えて30人。そのほとんどが鉄道ファンとおぼしき所作です。この車両に乗るためには、札幌からだと朝7時前に出る石狩当別行きに乗る必要があります。朝一便のみの新十津川行きがこんなことになっているとは…。

 車窓の風景は電網上でも種々紹介されているので、できるだけ重ならないようにお伝えします。
 石狩月形駅の電柱。
石狩月形駅 電柱
  ここでは20分余り停車(上り車両の待合せ)していたので、降りて駅近辺をウロウロして見かけました。上の標識に「エ一六六」と書かれています。「エ」はもしかしたら「工部省」の「工」ではなかろうか。

 札比内駅の近くで軟石倉庫を確認。
札比内 軟石倉庫
 目視のみで、来歴は判りません。農協の倉庫だと思いますが。

 浦臼駅の傍にも軟石倉庫。
浦臼駅 軟石倉庫
 浦臼は町内に軟石建物が目立ちますが、聞くところでは大火を経て不燃の石造が建てられた由です。
スポンサーサイト



≪ 鴨々川ウォーキング 2016秋の編ホーム『きー すとーん』第74号が出ました。 ≫

Comment

電柱、気になりますね。工部省自体は1880年代に消滅してるので、引き継いだ逓信省等が記号としてしばらく使っていたのかなぁなどと妄想しています。

個人的に札沼線といえばなぜか釜谷臼なのですが、現あいの里公園駅付近の電柱標識がどうなってるのか気になるところです。
「あいの里○○幹」だと寂しいなぁ

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック