FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2016/07/23

トンネウシナイ③

 トンネウシナイの痕跡を現在の場所で探してみました。
清田1条1丁目 旧道 
 まず清田1条1丁目、旧道沿いです。

 明治29年地形図に照らすと…。
明治29年地形図 トンネウシナイ拡大再掲
 赤い矢印の先、札幌から千歳方向を見たものです。

 歩道の右側に、分不相応に幅広の緑地が付いています。緑地の中にも歩道が通じています。これを二重歩道と名付けておきましょう。手前に札幌市のマンホールがあることからして、この緑地兼二重歩道は民地ではなく、道路敷地のようです。これはアヤシイ。

 この歩道+二重歩道に沿って千歳方向へ少し行くと…。
清田1条1丁目 旧道 ホテル
 ホテルがあります。
 因果関係をうまく説明できないのですが、旧河道におけるこの種のホテルの立地にさらなるアヤシさが募ります。ホテルの前では緑地が消えているのですが、ホテルを過ぎると復活し、二重歩道も敷かれています。

 そして、このホテルの裏側には…。
清田1条1丁目 旧トンネ川
 ちゃんと水流が遺っていました。

 実は、この河道は札幌市の河川網図に描かれています。
河川網図 旧トンネ川
 「旧トンネ川」が、明治29年地形図とほぼ同じように流れているのです。黄色の線で囲ったところです(赤い線が旧道)。暗渠の記号ですが、旧道に沿っている部分は暗渠の表示ではありません。
スポンサーサイト



≪ トンネウシナイ④ホームトンネウシナイ② ≫

Comment

うわー、全て暗渠だと思ってました!
河川網図を見てるだけだとスキャンして拡大するかルーペ使って見ないと気付かないですね。

そこで実地調査の必要性が心底理解出来ます。お見それしました。さすがでございます。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック