FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2021/01/01

謹賀新年2021

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 家族ともども大過ならぬ大禍なく年を越せました。とりわけ昨年94歳になった母が元気で、ほっとしています。それも、ふだんデイサービスでお世話になっている介護施設の皆さんのおかげです。昨年は(もちろん今も)これまで以上に細心の注意が欠かせなかったことでしょう。ご尽力に感謝申し上げます。

 今年こそ上野幌神社へ早々に詣でて破魔矢ならぬ破摩矢を入手したいと思っていましたが(昨年1月1日ブログ参照)、“静かな三が日”を過ごすべしとのお触れが出ていることでもあります(末注①)。残念ですが見合わせました。
 私にとっては、1991(平成3)年に札幌建築鑑賞会を始めてからちょうど30年になんなんとします。世の中がさまざま移り変わる中で十年一日ならぬ“三十年一日”のごとき営みでしたが、この一年ははからずも活動の原点を実感する機会になりました。
 原点は、ひとことでいえば“身近なもののありがたみ”を見直すことだったかと思います。この“三十年一日”も、逆手に取れば存在価値になるかもしれません。譬えるなら、標本木みたいな存在でしょうか。感染症が鎮まって一年前の日常が戻ったとしても、といっても、現況はまったく予断を許しませんが、相も変わらず時空逍遥を続けていきたいものです。標本木といえば、気象庁が虫や鳥の初鳴きの観測をやめるそうですね(末注②)。
 皆様のご多幸と安寧をお祈りします。
拙作 積小為大

 注①:「初詣については、混雑する時期を避けて頂くようお願いします」(昨年12月11日「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の「政府への提言」)。
 注②:気象庁サイト昨年11月10日お知らせ「生物季節観測の種目・現象の変更について」ページ参照
 → http://www.jma.go.jp/jma/press/2011/10a/20201110oshirase.pdf
スポンサーサイト



≪ クロサワは『白痴』をどのように翻案したか ②ホーム2020年もお世話になりました。 ≫

Comment

あけましておめでとうございます

毎回楽しみに拝見しております。

新年そうそう、東区再開発で、レストランのやが6月閉店という情報を知り、愕然としております。

去年のぎゃらりーはやしといい、今回ののやといい、保存活用されている軟石倉庫にピンポイントでわざとマンションを建てるような気がして、悲しいやら腹ただしいやら。

移築保存活用するなどの案があればいいのですが。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック