FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2020/10/13

白石の鈴木煉瓦は東京駅に使われたか?

 札幌建築鑑賞会の行事「大人の遠足」を今週末16日と18日に控えています。例によってというべきか、当日参加者に配布する資料を泥縄の突貫工事で作っています。
 先月のブログで「世の中の動きに呼応するかのように、札幌建築鑑賞会も私も再活性化しつつあります」と記しました。鑑賞会だけでなく、他団体主催の行事も再開されているようです。私も先月来、「原稿書きませんか?」とか「テレビに出ませんか?」とか「取材を受けてくれませんか?」とか「講演会で話をしてくれませんか?」とか、いきなりお呼びがかかるようになりました。その前の半年がほとんど引きこもり状態だったのとは対照的です。と先日鑑賞会のスタッフ会合で言ったら、ほかの人から「ブログを見ているかぎり、引きこもっていたとは思えない」と疑義を呈されてしまいました。
 まあ、充電というかインプット(入力)期間ではありました。それが、こんどは発信、出力を求められています。もう少しバランスよくできたらいいのですが、こればかりは新型コロナウィルスの所為でいたしかたありません。お呼びがかかったらほいほいと応じているものの、計画的にモノゴトをこなすということができず、毎度尻に火が付かないと動き出さない(出せない)性分で苦労します。思えば、子どもの頃からそうだった。定期試験の直前になると、関係のない小説を読み耽ったりしていたものです。そんな回想をブログに綴っている暇があったら資料作りに勤しみなさいと叱咤鞭撻する鑑賞会スタッフの(誰とはいいませんが)顔が浮かびます。嗚呼。

 今回の遠足では白石を歩きます(札幌建築鑑賞会ブログ10月7日参照)。街歩きポイントのたいがいはスタッフNさんが材料を提供してくれているのですが、私が担当する箇所もないわけではありません。

 その一つが「鈴木煉瓦工場跡」です。
白石・歴しるべ「鈴木レンガ工場跡」説明版 再掲 東京駅
 白石区平和通の一隅に区役所が説明看板を設置しています。
 
 この看板のことは本年3月7日ブログで取り上げました。末尾に「鈴木煉瓦産の煉瓦が東京駅に使われたと書かれてもいます。これも疑問のままです(2016.2.14ブログ参照)」とも記しています。
 私が“問題視”したのは、上掲画像の赤い傍線を引いたところです(引用太字)。
 「その(引用者注:白石村の鈴木煉瓦産の)レンガは道庁、ビール会社、五番館等赤レンガの建物や鉄橋、そして東京駅にも使用された」。

 同区役所が刊行した『白石歴しるべ』1999年にも「東京駅などに使われた」と書かれています(p.38)。
「鈴木レンガ工場跡」『白石歴しるべ』1999年p38
 この記述は同書2005年改訂版にも踏襲され、同区役所ウエブサイト「白石歴しるべ」ページで現在も閲覧できます。

http://www.city.sapporo.jp/shiroishi/shokai/history/rekishirube/documents/reki36_37.pdf 
 
 白石で焼かれた煉瓦は、東京駅駅舎にも用いられたのか。確認しないままで現在に至っています。そこで、北翔大学教授にして「煉瓦博士」、東京駅駅舎の建築にも詳しいM先生にメールで問い合せました。M先生からは即座に返信が届き、曰く「東京駅の煉瓦は本体の骨格用が日本煉瓦製造会社製で、外装の仕上げには品川白煉瓦製、鳥居陶器製造所製、千葉工場(地名ではなく人物の名)製、大阪窯業製、長坂煉瓦製造所の製品だけが使われました。ですから北海道産の煉瓦は使用されておりません」と。ありがとうございます。M先生は次のようにも添えてくださいました。「鈴木さんの煉瓦が東京駅にも使われていると夢のように気持ちがいいなあという願望にすぎません。道庁舎にさえ使われたほどの煉瓦工場なのだから、きっと東京駅にも使用されたはずだよという伝説なのでしょう」と。

 鈴木煉瓦が東京駅駅舎に用いられておらずとも、白石の煉瓦の歴史にはいささかの影も差しますまい。しかし郷土愛、郷土史愛は、ともすれば“話を盛る”きらいがあります。あらためて、もって自戒すべし。

 追記:2020.10.17ブログに関連続報記述 
スポンサーサイト



≪ 天に唾する、かホームここでも、“時代の終わり”か ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック