FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2020/05/31

白一点

 市道北4条線のベニバナトチノキが、今を盛りと咲き誇っています。
北4条線 ベニバナトチノキ
 この通りは片側一車線の車道に比して歩道の幅が広く、街路樹帯もゆとりをもって設けられています。

 普通だったら車道を片側二車線、確保してもよさそうなくらいです。
北4条線 ベニバナトチノキ並木
 そうなっていないのはおそらく、街区の途中で道幅が細くなっているからでしょう。かつての市町界に由来します。
 
 上掲画像は西から東を望みました。札幌市側です。この反対側、つまり西側が旧円山町(その前は藻岩村大字円山村)で、道が狭くなります。片側一車線しか取れない幅です。街区の途中で車線数が変わるのはあんばい悪いので、一車線で通したのでしょう。その分、歩道幅が広くなり、街路樹帯も大きめになったという私の推理です。旧札幌市・旧円山町境界付近の道路幅員については気になることもあるのですが、おってあらためることとします(末注①)。

 別に気になったのは、樹のことです。
北4条線 トチノキ?
 ベニバナ色の花を咲かせていない樹があります。
 
 よく見ると、一房、花を付けているのですが、白い。
北4条線 トチノキ? 拡大
 おや、ベニバナトチノキでない樹もあるのかしらと、帰ってから造園家Rさんのブログを読み直しました(末注②)。
 ↓
http://blog.sapporo-ryu.com/?eid=1233
 なるほどと合点しました。

 庇を貸して母屋を取られる、みたいなことでしょうか。いや、もともとトチノキが母屋で、接木されたベニバナトチノキのほうが間借りの立場ですか。とすると、大家さんが店子を追い出したようなものか。
 Rさんには怒られるかもしれませんが、もともとの自然植生でもないのだし、これはこれでいいのかなと思ってしまう私です。

 注①:2017.9.15同9.16ブログ参照。旧札幌市・円山町境界をめぐる道路幅員については、昨年〈2019年)5月27日のUHBみんテレ「となりのレトロ」桑園編でも紹介
 注②:ベニバナトチノキについては2018.6.10ブログに関連事項記述
スポンサーサイト



≪ 札幌扇状地平岸面のミッシングリンク ④ホーム310.6人と7.0人。 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック