FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2020/02/23

北門館の思い出

 昨日ブログでお伝えした場所には思い出があります。
 正確にいうと、その場所にあった旅館です。40年余り前の3月、一泊しました。大学の合格発表があった後、下宿先を決めるために札幌に来たときのことです。

 そのときの名刺サイズのカードやら領収証やらをとっておいてました。
北門館 名刺オモテ
北門館 名刺ウラ
北門館 領収証 1978年
 当時つまり18歳の頃から、こういうモノを残しておく癖(へき)があったのですね。自分にとっては人生の大きな節目だったので、思い入れが大きかったのでしょう。

 前掲の名刺サイズのカードは、札幌駅の旅館案内所で紹介されてもらったものです。
日観連旅館案内所 オモテ
日観連旅館案内所 ウラ
 カードを入れる紙袋のウラに宿の一覧が載ってます。懐かしい名前がチラホラ。

 下掲の画像は、十数年前に入手したものです。
北門館 外観 (500x393)
北門館 客室内
 たしか、北門館の在りし日の姿です。

 私が泊まったとき、外観の印象はほとんど残っていません。ただ、宿に着いて部屋に案内されたとき、「結構大きな旅館だなあ」と思った記憶がうっすらとあります。上掲の部屋ほど大きな間取りではありませんでしたが、高卒生が一人で泊まるのは少し分不相応な立派な部屋だったような覚えです。中庭もあったようにも思います。道庁のまさに北門にあって、出張者の宿に使われたのでしょう。

 今から思うに、増築された建物に廊下を伝って通されたので、大きく感じたのかもしれません。これも「今から思うに」ですが、昔ながらの風情のある旅館でした。札幌市サイトの「再開発」のページに、本件旅館のあった地区について次のように書かれています(末注、引用太字)。
 この地区は、昭和30年代の古い木造の旅館・飲食店などが密集し、土地の利用度が低く、防災上も問題がありました。
 ところで、上掲の客室には、隅にいわゆる「ファンシーケース」が置かれています。いいですね。
 注:http://www.city.sapporo.jp/toshi/saikaihatsu/redevelopment/jigyo/chuo/redevelopment/n4w5-s.html
スポンサーサイト



≪ 電柱「中沼幹」の謎 ④ホーム日本生命北門館ビル ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック