FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2020/02/12

定山渓温泉の「下町」

 定山渓温泉・岩戸観音に奉納されている提灯です。
定山渓温泉 岩戸観音 奉納提灯
 芸者さんの名前が書かれています。

 温泉街のラーメン屋さん(昨日ブログ参照)で見せてもらった「定山渓料理店置屋組合 昭和41年10月」の「芸妓連名簿」です。
定山渓料理店置屋組合 芸妓連名簿 昭和41年
 こういう歴史的古文書がラーメン屋さんの調理場にさりげなく置かれていることに驚きました。
 ラーメンの汁をこぼさないように拝見すると、12軒の置屋で計123名の芸者さんが記されています(末注①)。ここまでの画像は電波にも乗りました。 

 置屋組合の旧屋です。
定山渓温泉 置屋組合 旧屋
 個人宅にしては大きめ、旅館にしては小さめな建物で、芸者さんが待機する部屋もあったのではないかと想像します。
 
 入口に、ほとんどすすけた看板が遺っています。
定山渓温泉 置屋組合 旧屋 標札
 ゼンリン住宅地図によると「定山渓料理店置屋組合」です。

 となりの建物も気になります。
定山渓温泉 「とみもと」さん宅
 やはり、個人宅ともアパートとも分別つきかねる外観です。

 標札灯に…
定山渓温泉 「とみもと」さん宅 標札
 変体仮名で「とみもと」と。前掲の奉納提灯や「芸妓連名簿」に「富本」という置屋さんの名前があります。ここも、置屋さんだったのではなかろうか(末注②)。

 このあたりで見かけた電柱銘鈑です。
定山渓温泉電柱「下町幹」
 「下町幹」。
 行政地名ではなかったようですが、温泉街は「上町」と「下町」に分けられていた(今も?)ようです(末注③)。ちなみに、前掲建物の並ぶところを観光協会の方は「温泉街の裏通り」とおっしゃっていました。 

 注①:定山渓観光協会『定山渓 定山渓温泉開湯150周年記念誌』2016年には「昭和41年には置屋も13軒に増え、10人以上芸者をかかえる置屋が7軒近くあった」と記述されている(pp52)。同書には前掲の「名簿」(ただし写しと思われる)も掲載されているが、この名簿によれば同年時点で置屋は12軒、10人以上が7軒である。
 注②:『ゼンリン住宅地図 定山渓版』1969(昭和44)年によると、現在の「ぬくもりの宿 ふる川」のところに「旅館 富本」とある。
 注③:『ゼンリン住宅地図 定山渓版』1969年では、定山渓1区、2区、3区という字名が付いている。現在は定山渓温泉西○丁目、東○丁目。『さっぽろ文庫59 定山渓温泉』1991年で、定山渓グランドホテル社長の浜野邦喜氏が「(下町、上町は)いろいろ難しい関係があったんです」と回想している(p.240)。
スポンサーサイト



≪ 電柱「中沼幹」の謎ホームぬれてうれしい白糸しぶき ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック