FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2020/02/13

電柱「中沼幹」の謎

 2月1日ブログに、電柱銘「中沼幹」を載せました。
市道東9丁目南線 電柱 中沼幹 再掲
  札幌で「中沼」というと、私はまず東区の町名を思い浮かべます。しかるに、本件「中沼幹」の所在地は札幌市中央区北3条東9丁目です。

 その位置関係を現在図で示します。
現在図 「中沼幹」の所在地と「中沼町」の位置
 地図上、左下(南西)の赤いを付けたところが電柱「中沼幹」の所在地です。一方、東区中沼町は右上(北東)の赤いを付けたあたりに位置します。直線距離にして、約9㎞です。かくも離れたところに、なぜ「中沼」か?

 その「なぜ」を探る前に、周辺の電柱銘はどうなっているか調べてみました。
現在図 北3東9 「中沼幹」周辺
 電柱銘は以下のとおりです(元図は地理院地図)。
 :中沼幹
 :北3東幹
 :北2東9幹
 :北2東10幹
 :北8東7幹
 :日本ビール幹
 :北8東7幹
 :北3東6仲幹
 :北八東七幹
 :北2東9幹 
 の「中沼」との「日本ビール」以外は「北○東(○)」という表記です。

 「中沼」銘の電柱は道路(市道「東9丁目南線」)の西側にありますが、向かいあって東側にはの「北3東」という異なる銘の電柱が立っています。
市道東9丁目南線 電柱 北3東幹
 この道路の東側は、①の場所以外も「北3東」です。この銘鈑には「NTT東日本」のマークが描かれていますが、「中沼幹」のほうは電電公社時代のマーク(冒頭画像の「共架」と書かれた上にうっすらと緑色)です。西側は●以外に、残念ながら(?)銘のある電柱はありません(末注)。本件「中沼幹」はかなり古いモノと思われます。

 注:固有名詞等の銘は電々(NTT)柱(北電との共架柱を含む)で、北電柱の表記は数字の羅列である(2016.2.13ブログ参照)。宇都宮市で見た東電の柱は名詞表記されている(2019.12.28ブログ参照)。
スポンサーサイト



≪ 5年ぶりのアベサダホーム定山渓温泉の「下町」 ≫

Comment

お待ちしておりました。謎解き楽しみにしております。

余談なのですが、たまたま先月から家の目の前で電柱そのものの付け替え工事が行われてるみたいで、付け替えた新品の幹銘板も見る事が出来ました。
当然設置年は令和表記だと思っていたんですが西暦表記のみになっていました。
ちなみに工事が始まったのは2020年1月からなのですが銘は2019年でした。以前はたしかH6年だったかなぁ。もう少し古かったかも
必ずしも工事が始まった、もしくは設置年ではないのですね。社内処理や許可関係が基準と言ったところなのでしょうか

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック