FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2019/12/11

「南3西18」の標識(承前)

 昨日ブログに載せた「南3西18」の標識が所在するのは、実際には何条何丁目でしょうか。市役所で確かめてきました。

 まず、札幌市が作った地番図の最新版です。
札幌市地番図 2018年 南3条西18丁目あたり
 これは市政情報コーナーで閲覧することができます。黄色の実線で囲ったところが南2条西19丁目、赤い実線が南3条西18丁目です。「南3西18」の標識は黄色の○を付けたところに当たります。

 その部分を拡大します。
札幌市地番図 2018年 南3条西18丁目あたり 拡大
 道路敷地との境界とおぼしく隅切りされているので、信号機はこの場所と見てよいでしょう。
 昨日ブログに載せた地図と較べると、明らかに条丁目界が異なっています。この地図だと、標識の所在地は南3条西18丁目です。表記と一致します。
 
 昨日載せた地図は、所詮(といったら何ですが)地下鉄駅の看板です。当てになりません。といいたいところですが、では上掲の地番図の条丁目界が当てになるかというと、そうでもありません。この地図には次のように付記されています(太字)。
 この図面中の「条丁目界」は厳密な地番に基づいたものではありません。

 町名整備を担当する戸籍住民課を尋ねました。
 そこで見せてくれたのはまず、ゼンリンのブルーマップです。
ゼンリンブルーマップ 南3条西18丁目あたり
 黄色の実線で南2条西19丁目、赤い実線で南3条西18丁目の区域を示しました。信号機の標識の位置は黄色の○です。
 これはむしろ、昨日ブログに載せた地下鉄駅の看板に書かれた条丁目界の線と一致しています。前掲の地番図とは異なります。
 私は係の方に尋ねました。
 私:この地図に書かれた条丁目界が正確と考えてよいですか?
 係の方:だいたいは。
 私:「だいたい」ですか。端的に、正確な条丁目の境界線を知りたいのですが。

 係の方が「基になっているのは、これなんですよね」と、下掲の地番図を見せてくれました。
札幌市戸籍住民課 古い地番図 南3条西18丁目あたり
 「師範学校附属地」と書かれていることからも、かなり古いものと察せられます。
 一点鎖線で区切られているのが条丁目界で、赤い実線で囲った極細の三角形が南3条西18丁目です。前掲のブルーマップや冒頭の新しい地番図をこの古い地番図と較べると、条丁目界はこれまた明らかに異なっています。赤い線で囲った南3条西18丁目は、前二者は区切られ方が異なってはいるもののどちらも四角形ですが、後者は三角形です。したがって、後者を本来の区域とするならば前二者はどちらも正確ではないということになります。

 ではかねて取沙汰する「南3西18」の標識(が付いている信号機)は、この地番図上でどこになるか。南4条以南の現市道「西19丁目線」に当たるとおぼしき道幅は狭いし、その北側はクランクしています。現況の地割がかなり変わっていて、照合するのは容易ではありません。
 それにしても、南3条西18丁目の区域が三角形で正しいとするならば、標識の所在する条丁目は微妙です。三角形の鋭角の中(すなわち南3条西18丁目)に入るかどうか。現在の道路幅に照らすと、外のようにも見えます。ちなみに、この標識(が付く信号機)が隣接する角地に建つマンションの登記上の表記は、南2条西19丁目です。これは私の推測ですが、このマンションにお住まいの方の中には「うちの住所は南2条西19丁目なのに、なんで目の前の信号機の標識は『南3西18』なんだろう?」と疑問を抱いた方がいるかもしれません。

 結論です。といっても結局、断定に至りません。あえていうなら「『南3西18』の標識の所在地は、限りなく『南2条西19丁目』」でしょうか。
 以下は妄想です。なぜ、この標識を「南2西19」とせず、「南3西18」としたか。
 「混乱を増幅したくない」という心理がはたらいた。そうでなくてもこの標識が付けられた信号機のある交差点は、初めて来た人は戸惑う。札幌の中心部は、大きめの道路で区切られた一つの街区で条丁目が一つずつ変わるという理解がおそらく主流だろう。しかるにここの交差点は昨日ブログに載せたように、「南4西18」の西向かいが「南4西20」である。「西19」が飛んでいる。そこへもってきてもし「南4西18」の北向いが「南2西19」だったら、どうなるか。「南3」が飛ぶのみならず、同じ南北の丁目の列なのに「西18」と「西19」と、違う。これはもうカオスといってよい。「南3西18」なら、少なくとも南向かい側の「南4西18」との続き具合は素直だ。
 これは、そっと見守りたいものです。
スポンサーサイト



≪ 北海道のねこ足ホーム「南3西18」の標識 ≫

Comment

そろそろ豊平の現在存在していない4丁目について解説していただけるのではないかと期待しております

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック