FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/12/10

「南3西18」の標識

 中央区の南4条西18丁目と南4条西20丁目の境目です。
市道西19丁目線 南4条西18丁目、南4条西20丁目あたり
 画像は、北から南を向いて撮りました。手前から奥に通じる道路は市道「西19丁目線」といいます(末注①)。「西19丁目線」ですが、この市道の南4条以南には西19丁目は存在しません。このことは、わりとよく知られていると思います。

 前掲画像の青い矢印を付けた先(青信号が点いているところ)です。
信号機の標識「南4西18」
 「南4西18」の標識が付けられています。

 同じく前掲画像に赤い矢印を付けた先(赤信号が点いているところ)です。
信号機の標識「南4西20」
 「南4西20」の標識が付けられています。

 冒頭画像の撮影位置を示した現在図です。
現在図 市道西19丁目線 南4条西18丁目、南4条西19丁目
 黄色の△のところで南を向いて撮りました。青いが南4条西18丁目、赤いが南4条西20丁目です。この間を市道「西19丁目線」が南へ通じています。だからといって、道路部分だけが西19丁目というわけではありません。

 「なぜ、西19丁目が飛んでいるか?」は、堀淳一先生が『地図の中の札幌』2012年で詳しく説明されているので(pp.281-282)拙ブログでは割愛します。ここまでは、前置きです。前置きが長くて申し訳ないのですが、基本的事実をまずおさえるためにお許しください。

 拙ブログで採り上げるのは、下掲画像の黄色の矢印を付けた先の標識です。
市道西19丁目線 南4条西18丁目あたり 「南3西18」標識
 前掲地図の黄色の△で示した地点(逆三角形の底辺のあたり))の信号機に付いています。青い↓の先は前掲の「南4西18」の標識です。黄色の矢印を付けた先の標識は、道路をはさんで北向いに当たります。

 「南3西18」と書かれています。
信号機の標識「南3西18」
 私はこれに、初めて気づきました。
 前掲地図で示すとおり青い矢印を付けた「南4西18」の北向かいにあるから「南3西18」だろう、と単純にはいきません。そのことも、堀先生が記しています。

 実際、この場所の町名(条丁目)は何だろう? と気になってしまいました。毎度、困った性分です。
 最寄の地下鉄「西18丁目」駅のコンコースに備えられている周辺案内地図を見ました。
地下鉄西18丁目駅の周辺案内地図 南2条西18丁目あたり
 黄色のを付けたところが、くだんの信号機標識「南3西18」のある地点です(元図の現物はカラーだが、白黒に加工)。
 この地図では町名(条丁目)界が一点鎖線で区切られています。それによれば、黄色の実線でなぞった区画に「南2西19」とあります。「南3西18」を赤い実線で囲みました。道路沿いの“ツラ一枚”の狭小なエリアです。
 この地図を見る限りでは、信号機に付いた標識「南3西18」は「南2西19」の南西角に存在します。こういうのを見つけると、私は心が躍ってしまうのですね。これまた困った性分ですが、おそらく治せません。これを現認した後、市役所に行って条丁目界を確かめてきました。

 注:都市計画道路の名称は、画像に写るあたりは「西20丁目通」である。
スポンサーサイト



≪ 「南3西18」の標識(承前)ホームなぜ月寒が北日本の軍事拠点になったか。(承前) ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック