FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/11/08

ナナメ通りの旧家 Tさん宅の遺構 ②

 昨日ブログの続きです。東区の旧家Tさん宅の厠は、誰のために作られたか? 「東本願寺の偉い人」とはどなたか?
 天皇の行幸に際して設けられた行在所などは、役目を終えた後は使われることなく奉置されることを聞きます。聖跡ですね。Tさん宅の厠もそのような扱いだったやに想います。厠は、相当に「偉い人」のためだったのではないでしょうか。

 ところで、Tさん宅と東本願寺の関係を顧みます。
 まず東本願寺から。東本願寺が北海道開拓に乗り出したのは1870(明治3)年です。本山の法嗣現如(大谷光瑩、のちの第22代法主)を先頭に、中山道から東北諸国を行脚し、北海道を目指しました。途中、各地で門徒から寄付や移民を募りながらのことです。その行程は必ずしも順風満帆ではありませんでした。というより苦難の連続だったようですが、各地の門徒衆からは歓迎を受けました。「新潟では万を越す門徒が参集し」たそうです(末注①)。札幌別院(札幌管刹)の創建に当たっても、初代輪番が募金のため「信徒の多い越後に赴きました」(末注②)。

 札幌別院の本堂です。
東本願寺札幌別院 本堂
 1891(明治24)年に建立されました。画像では手前の木々に隠れていますが、右方には「旧御堂」が遺ります。旧御堂は1871(明治4)年に建てられました。もとは江戸時代中期、越後国(中蒲原郡横越村、現在の新潟市)に建てられた寺の本堂です(末注③)。解体して搬送され、移築されました。

 さて、次にTさん宅です。Tさん初代も越後から来ました(10月6日ブログ参照)。出身地は西蒲原郡月潟村、現在の新潟市です(末注④)。「信濃川の治水工事を請け負うなど、土木事業を得意としていた」といいます。道南に渡り大友亀太郎と知り合い、1866(慶応2)年、亀太郎とともに元村に入りました。明治になり、開拓使本陣御用達を申し付けられます。1875(明治8)年には再び元村に戻り果樹栽培に従事し、1886(明治19)年に没しました。

 東本願寺札幌別院の創建に当たって、Tさん初代は越後出身という人的ネットワークと土木開墾に通じていた技術力の両面で貢献したのではないでしょうか。そこからいきなり飛躍するのですが、ナナメ通りのTさん宅に来た「東本願寺の偉い人」というのは、もしかしたら本山法嗣の現如だったかもしれません。
 現如法嗣は1870(明治3)年の後、1881(明治14)年7月に再び北海道を訪れました(末注⑤)。札幌には同月23日から5泊したそうです。そのとき元村まで足を運んだのではなかろうか。ちなみに同年の翌8月30日から9月2日にかけて、明治天皇が札幌に行幸しています。明治帝は同月31日、苗穂村から元村に入り、「御野立」しました(10月9日ブログ参照)。Tさん宅のすぐ近くです。現如法嗣の二度目の来道は天皇行幸の先遣的な意味合いもあったようなので、先立って同じ行程を訪ねることもありえるかと思います。

 注①:弥永北海道博物館『北海道開拓と本願寺道路』1994年、pp.116-117
 注②:同上p.136 「越後は先般現如が北海道開拓を説いて巡化したばかりであったから、信徒や『尼』たちの献身的な協力があって募財活動は順調に進んだ」。「尼」がカッコ書きなのは、得度した尼僧ではなく、在俗のまま仏事に奉仕した者も含むため。
 注③:東本願寺札幌別院リーフレットによる。
 注④:『さっぽろ文庫50 開拓使時代』1989年、p.266、以下引用同じ。
 注⑤:前掲『北海道開拓と本願寺道路』p.139
スポンサーサイト



≪ 五輪の記念碑を感傷的に鑑賞するホームナナメ通りの旧家 Tさん宅の遺構 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック