FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/08/17

南9条緑地の隅切り

 国道230号石山通の菊水・旭山公園通との交差点です。
南9条緑地 南8条西10丁目から南望
 南東の角に「南9条緑地」があります。

 置かれているオブジェは山内壮夫の作だそうです。
南9条緑地 山内壮夫の彫刻
 「春風にうたう」1958年(末注①)。
 ということは、この緑地はそのころからあったと思われます。

 現在図で緑地の位置を示します。
現在図 南9条緑地
 所在地は中央区南9条西10丁目です。緑色でなぞりました。ほぼ矩形の平面です。

 オブジェが置かれて間もないころの空中写真を見ます。
空中写真 1961年 南9条緑地
 1961(昭和36)年撮影です。緑地にあたるところを黄色の矢印で示しました。

 その部分を拡大します。
空中写真 1961年 南9条緑地 拡大
 当時は台形状だったようです。現在の「ほぼ矩形」の対角線(北東-南西)上にナナメに道が通じているかに見えます。交差点に面する部分が隅切りされていて、これを上底とし、ナナメの道を下底とする台形です。台形の真ん中の白っぽい小さな円形は、オブジェが置かれた場所でしょうか。

 緑地の平面図です。
南9条緑地 平面図
 札幌市みどりの推進課サイト「札幌市公園検索システム」から採りました(末注②)。
 赤い矢印を付けた先がオブジェの位置です。前掲1961年空撮写真に写る台形の中の白い小さな円形とほぼ重なります。 

 のみならず、ほかの工作物の配置などから、かつての台形平面の痕跡が見えてきます。
南9条緑地 南8条西10丁目から南望 ズームイン
 たとえば赤い列柱が連なるパーゴラ?のナナメ感。かつての台形の“下底”線を彷彿させます。

 札幌市地図情報サービスで、本件南9条緑地を見ると…(注③)。
札幌市地図情報サービス 都市計画道路 南9条緑地
 元の台形部分がまるごと都市計画道路になっています。台形の“下底”線がまるで道路の隅切りであるかのごとき線引きです。交差点の他の三箇所はいわば普通の隅切りなのに、都市計画上この緑地の角だけ破格に見えます。ちなみに、この交差点がわずかにクランクしているのはなぜでしょうね。謎は湧き出ますが、措きます。

 私がこの緑地の形状にかくもこだわるのは、8月15日ブログに記したとおり、ここにもまた疎開の痕跡すなわち札幌の戦跡のニオイを感じるからです。


 注①:『札幌散策 野外彫刻を楽しむ小さな旅』2010年、p.82
 注②:http://www2.wagamachi-guide.com/sapporo_koen/apps/list.asp?mode=2&ID=410002# ただし、このサイトに描かれている工作物等の配置と現況とは、必ずしも一致していない。
 注③:https://www.sonicweb-asp.jp/sapporo/map?pos=141.31500617333333,43.046373502106256&scale=5000#pos=141.34365873856464%2C43.048415434347525&scale=1875&layers=dm%2Cth_7&theme=th_29
スポンサーサイト



≪ 人は穴を好む?ホーム奈井江町の住友 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック