FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/08/13

穴の川 古豊平川の記憶 ②

 「北海タイムス」1970(昭和45)年9月19日記事(画像上)、同1972(昭和47)年9月18日記事(下)です。
北海タイムス1970年9月19日記事
北海タイムス1972年9月18日記事
 南区石山で穴の川が氾濫したことを伝えています。

 1970年の記事から以下、一部引用します(太字)。
 中でも穴の川は、山岳部からほぼ直線的に流れ石山市街にはいったところから今度は本流である豊平川に平行して藻南橋の手前まで流れている。石山市街を流れる部分は、うねうねと曲がり、はんらんいやすい状態。
 札幌市は、穴の川を石山地区から、すぐ豊平川にそそぐようショート・カット、両岸約五百メートルを護岸する工事をことし始めた。結果的には、流木がひっかかって流れをとめ、はんらんを招いたためにショート・カット工事は、役に立たなかった。


 1972年の記事では石山地区での被害を次のように記しています(太字)。
 南区石山一区では午後八時ごろ、国道二三○号線沿いの商店や住宅に近くを流れる穴ノ川がじわじわと床上まで浸水、テレビで台風の被害を見ていた市民も『他人ごとではない』と床の物を高い所へ上げたり、大騒ぎとなった。
 石山地区では床上浸水9戸、床下浸水40戸だったそうです(なお、記事中の「国道二三〇号線」は現在の平岸通のこと)。

 1961(昭和36)年の空中写真で穴の川の下流域を見ます。
空中写真1961年 石山 穴の川
 濃い青でなぞったのが豊平川、水色が穴の川です。上述の1972年氾濫で浸水した石山一区は、画像の中央やや下あたりです。

 1970年代前半の氾濫は、市街地の拡大にともなう被害増大の側面もあるのでしょうが、昨日ブログで述べた「穴の川=豊平川旧河道」説で解釈できるような気がします。豊平川の本流から切り離された旧河道を穴の川が争奪して、オーバーフローさせた。本流であれば受け止めきれた増水だったのかもしれません。ただし、そもそもこの一帯全体が豊平川による氾濫原あるいは谷底平野といえるとも思います。

 なお、前掲の新聞記事は私が独力で発掘できるものでは到底ありません。㈱シン技術コンサルが発行する『目で見る水害レポート』№33、2014年10月掲載からの孫引きです。北海道開発局札幌開建ウエブサイトの札幌河川事務所のページにも、「近年の土砂災害」が時系列で記されています。

https://www.hkd.mlit.go.jp/sp/sapporo_kasen/kluhh4000000861e.html#s1
 これを見ると、穴の川は1975(昭和50)年にも氾濫しています(末注①)。

 石山に古くからお住まいのⅠhさんは「穴の川はしゅっちゅう氾濫していた」とおっしゃっていましたし、郷土史の文献でも古老が「学校の前の穴の川でさえ、大雨が降るとすぐあふれ出して、国道が一面水をかぶったものだ。ついこの間までね」と語っています(末注②、この「国道」も、現在の平岸通)。
穴の川 石山2条3丁目あたり ②
 この小川からも、豊平川の原風景が偲ばれます。 

 ところで、穴の川の旧称は「穴の沢川」でした。「穴の沢」は何に由って来たるか。

 注①:1972年9月の氾濫については「床上浸水97戸、床下浸水76戸」と記している。
 注②:石山小学校開校80周年記念『石山ものがたり-古老座談会-』1979年、p.16。同書には1913(大正2)年の「大水」のことも語られている。これは豊平川の洪水のことである。
スポンサーサイト



≪ 穴の川の「穴」ホーム穴の川 古豊平川の記憶 ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック