FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/08/12

穴の川 古豊平川の記憶

 昨日ブログで、4万年前の支笏火砕流の南区石山あたりでの堆積について述べました。その上を古豊平川が、現豊平川から真駒内川のほうへ流れた。

 真駒内の町が広がる地域は、札幌扇状地の古い地形面である平岸面が始まるところです。また、平岸面と同じ段丘面は真駒内公園や南区川沿にも見られることから、昔の豊平川は、柔らかい火砕流堆積物を浸食しながら、流路を変えつつ、柏丘の小高い丘の東側にも、西側にも流れていたと考えられます。(末注①) 

 正確にいうと、古豊平川は真駒内川のほうへ「も」流れた、ということですね。では、豊平川がその後、現在の流路に変わっていったのはなぜか。

 ところが、約1万年前に氷河期が終わって気候が湿潤になり、豊平川の浸食力が増してくると、石山陸橋の部分で硬い溶結凝灰岩が露出するようになり、豊平川はこれを避けるように東側には流れなくなったのではないでしょうか。豊平川の流路が西側に固定されたことが、新しい扇状地面である札幌面の形成にもつながったのでしょう。(末注②) 

 昨日ブログにも載せた石山陸橋からの眺めは、豊平川が4万年かけて削った谷ということができましょう。
 
 石山のあたりの現在の地形を、色別標高図であらためて見渡します。
色別標高図 90m未満から10mごと10色陰影付き 豊平川 穴の川 真駒内川 古豊平川想定流路
 標高90m未満から10mごと10色陰影付きで作成し、以下加筆しました。
 濃い青:豊平川 薄い水色:穴の川 濃い水色:真駒内川
 赤い:石山陸橋 白抜き矢印実線:古豊平川の想定流路 白抜き△:硬石山

 ここからは、私の想像です。
 穴の川の下流域は古豊平川の流路だったのではないか。言い換えると、支笏溶結凝灰岩は、古豊平川が谷を削って露頭させたのではないか。

 前掲色別標高図で、穴の川の下流域を拡大します。
色別標高図 90m未満から10mごと7色陰影付 穴の川下流域
 穴の川を水色で加筆着色しました。緑色のは札幌軟石の採掘場跡、すなわち支笏溶結凝灰岩の露頭です。

 石山2条3丁目あたりの穴の川です。
穴の川散策路 石山2条3丁目あたり
 ちょろちょろと流れています。流れているかどうか判らないぐらいの水量です。河畔には散策路が整備されています。流れが少ないのは、この手前(上流)で豊平川に短絡する放水路が設けられていて、水量の多くがそちらに流されているからです。

 穴の川放水路です。
穴の川放水路
 奥に写る石山大橋のあたりに注がれています。1972(昭和47)年に開削されました。

 私は、もしかしたらこの放水路がかつての穴の川の河道だったのではないかとすら、想います。というか、このあたりは豊平川の氾濫原で、この画像を撮っている場所がすでに注ぎ口だったのではないか。
 前掲の標高図を見ていると、穴の川が現放水路のほうへただちに注がず、豊平川に伴走するようにうねうねと流下しているのが私にはむしろ不思議でした。このうねうねは元々豊平川の流れだったと考える方が自然に想えるのです。採石場跡たる支笏溶結凝灰岩の露頭も、「浸食力が増して」きた古豊平川のたまものといえるのではないか。硬い溶結層にぶつかって、流路が争奪された。その旧河道を穴の川がいわば“上書き”した。

 注①:前田寿嗣『新版 歩こう! 札幌の地形と地質』2016年、p.83
 注②:同上
スポンサーサイト



≪ 穴の川 古豊平川の記憶 ②ホーム支笏火砕流は札幌をどれだけ埋め尽くしたか ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック