FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/06/10

札幌建築鑑賞会通信第82号が発行されました。

 来し方をかえりみると、私には“人生の分かれ目”が3回はありました。①高校入試、②大学入試、③就職の試験、といったら月並みですが、それぞれ「もしあのとき○○だったら、人生は変わってただろうな」と想います。
 ①もし高校の“学校群”入試で、合格先の学校が違っていたら…(2018.5.23ブログ参照)。
 ③もし就職の試験で、新聞社の二次試験を受けていたら…(2019.5.16ブログ参照)。
 ②は、大学入試で第一志望には合格したものの、“すべりどめ”のつもりで受けた東京の私立大学に不合格だったことです。私は文系3教科(国語、英語、社会)に自信があり、私立文系の方が合格の可能性が高かったので、むしろ悔しさが募りました(入試は当時、合格した国立が5教科7科目、不合格だった私立は3教科4科目だった)。今でも、何かのはずみでこの大学の校歌を耳にすると、ほろ苦さがよみがえります。もし大学入試で合格不合格が異なっていたら…。
 しかしこれからの行く末を見渡すと、前述の“分かれ目”で本当に人生が変わっていたのか、疑わしくなりました。仮に①②③で別の道を歩んだとしても、結局たいして変わりはなかったのではないか。ましてや、このさきどれだけ生きられるか判りません。なんかかんか(北海道弁?)折り合いをつけて、同じような生き方をして朽ち果てていくのだろうなあ。

 札幌建築鑑賞会通信『きー すとーん』第82号が発行されました。

https://ameblo.jp/keystonesapporo/entry-12477591300.html
 会員の皆様には、郵送ですでにお手元に届いていることと思います。印刷物は白黒ですが、上記公式ブログに彩色版の表紙を載せました。会員Kさんの作品をカラーでお楽しみください。添えられた文にあるとおり、題材とされた建物は現在、喫茶店として再利用されています。

http://miyataya.co.jp/info_higashinaebo.html
 作品の原画はKさんからお店に寄贈され、店内に飾られているそうです。

 札幌建築鑑賞会は今年で発足満28年になります。もし北海道に来ていなくても、私はこのような活動をどこかでしていただろうか。私の郷里は指定文化財の数がとても多いところですが(2014.8.26ブログ参照)、郷里にいたときは“歴史”にウンザリしていたなあ。 

スポンサーサイト



≪ 飛騨高山で時空逍遥 ⑪ホーム飛騨高山で時空逍遥 ⑩ ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック