FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/04/14

石山・Hさん宅の軟石物件

 昨日(4月13日)のぽすとかん(旧石山郵便局)です。
ぽすとかん 20190413
 組まれている足場は、4月20日に外される予定と聞きました。

 「石山郵便局」の刻銘(3月31日ブログ参照)が、すべて顕わになっています。
ぽすとかん 石山郵便局 屋号 20190413
 以前は、実際の郵便局と紛らわしいという事情で「ぽすとかん」と被せられていました。現郵便局の了解を得て、リニューアルオープン(4月27日予定)後はこの刻銘が露出するそうです。再生に向けて、折り合ってよかったです。「ここは郵便局です」と明示して、最寄の「札幌石山郵便局」の所在地を看板か何かで案内するといった配慮は必要でしょうが、元の姿に近いほうが私はいいと思います。「石山郵便局」の5文字を被せるべく命名された「ぽすとかん」の愛称も良かったけれど。

 近くにあるHさん宅の石蔵です。
石山1条 Hさん宅 元リンゴ倉庫 軟石
 元リンゴ倉庫と聞きました。

 3月に札幌建築鑑賞会のスタッフで石山を歩いたとき、「あれは何だろうね?」と話題になりました。「あれ」というのは、石蔵のことではありません。
石山1条 Hさん宅 石蔵の傍らに建つ碑
 石蔵の傍ら、赤い矢印の先に示したモノです。
 
 昨日ここを通ったとき、ちょうどご主人が石蔵で片付けものをされていたので、伺ってみました。
石山1条 Hさん宅 石蔵の傍らに建つ碑 近景
 札幌軟石でできた碑、のようなのですが。

 一見したところ、何も刻まれていません。
石山1条 Hさん宅 石蔵の傍らに建つ碑  刻銘?
 Hさんにお尋ねすると、やはり「何も書いてないんだよね」とおっしゃいます。ただし、この碑はもともと後ろの土手に立っていたとお聞きしました。お話からして、ご自身が建てたものではありません。

 後ろの土手は、かつての定山渓鉄道の線路敷跡です。定鉄廃線後、Hさん宅に移されました。Hさんは「馬頭さんかもしれない。うちでウマは飼っていたからね」とも話します。
石山1条 Hさん宅 石蔵の傍らに建つ碑  刻銘 拡大
 そう言われると、一番上のあたりが「馬」という字に見えてくるから不思議なものです。いや、それは私だけか。

 しかし、鉄道敷にあったというのも気になります。たまたまなのか、それとも鉄道にゆかりがあったのか。
スポンサーサイト

≪ 北大に遺る競馬場の地形ホーム石山軟石小学校を寿ぐ ≫

Comment

ただの思いつきなんですけど石山通に石材を運ぶ馬車鉄道ってありませんでしたっけ?
関係…ないですよね

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック