FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/04/13

石山軟石小学校を寿ぐ

 お知らせを一つ。
 昨年の11月からuhb(8ch)の番組「みんなのテレビ」(4月から「みんテレ」)で放送されてきた「となりのレトロ」コーナー、今年度も続くことになりました。おおむね月2回、札幌の街を探訪します。次回は4月15日(月)の予定です。午後3時50分から。
 拙ブログではオンエアされなかった余話を綴っているのですが、私にとって2週間間隔というのは、余話を尽しきれないうちに次の放送が来てしまいます。スタッフの方からは「終わったことは忘れて、次のテーマに行ってください」と言われるものの、拘泥する私の性がそれを許しません。妻に言わせると、「癖」です。「くせ」ではなく、「へき」。困ったものです。まあしかし、そういう癖でテレビの番組が成り立つのですから、世の中も変わったというべきか。

 「札幌軟石ネットワーク」(2018.11.1ブログ参照)の打合せで南区石山に行ってきました。
石山まちづくりセンター 新築
 打合せ場所の「石山まちづくりセンター」は、この4月から新しい建物です。玄関周りに札幌軟石が貼られています。

 まちづくりセンター、石山会館が、新しくできた「石山緑小学校」や児童会館との複合施設として建てられました。 
石山緑小学校 玄関
 小学校のほうも札幌軟石があしらわれています。この小学校は、これまであった石山小学校と石山南小学校がの統合により、石山小学校の敷地内に開校しました。

 同小の「開校準備だより」最終号(本年3月18日発行)に、新たに作られた校歌が紹介されています。その出だしを以下、引用します(太字、「緑のアーチ」作詞・作曲:大黒真季)。
 僕らの住む街は 私たちの道は
 石山軟石と絆から生まれた


 学校の校歌に「軟石」というコトバが用いられたことって、これまであるだろうか? もしかして、本邦初?
 まちセンの所長さんのお話では、この校歌は歌いきるのに5分、かかるそうです。一種のバラードですかね。

 前庭には札幌軟石の古そうなピースが縁石や踏み石として、はめられています。
石山緑小学校 前庭 軟石
 「軟石や」のOさんによると、これは旧石山小学校にあったものを再利用した由です。

 旧石山小学校といえば…。
旧石山小学校 校門 軟石 2014年撮影
 校門も札幌軟石でした(画像は2014年11月撮影)。

 この旧門は、撤去されて現存しません。「廃棄される」と聞いたOさんが引き取り、「軟石や」で保管されています。画像後方に写る旧校舎は解体工事に入っています。跡地はグラウンドになるのでしょうか。校舎の建替えなどで校門の位置が変わっても、古い門がそのまま遺されている例を少なからず見ます。が、本件が不要とされたのは、二つの学校の統合という事情にも由るのだろうか。 
スポンサーサイト

≪ 石山・Hさん宅の軟石物件ホーム夕張のズイホク、ズイナン ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック