FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/02/09

「札幌軟石と北の石文化」展 ご案内

 2月19日から札幌市資料館(旧札幌控訴院)で、「札幌軟石と北の石文化」展を開催します。 
2019札幌軟石展チラシ オモテ
2019札幌軟石展チラシ ウラ
 昨年11月の「札幌軟石」北海道遺産選定記念の行事、いわば第三弾です(第一弾は昨年12月のシンポジウム、第二弾は1月のチカホでの展示。2018.12.9本年1月20日各ブログ参照)。

 画像が見づらい場合は、下記ファイルをご覧ください。
 ↓
http://www.s-shiryokan.jp/pdf/20190219.pdf

 今回の展示では札幌軟石だけでなく、道内の軟石仲間も紹介します。また、もう一つの“”目玉は、札幌硬石です。軟石とともに北海道の文字どおり近代史の“基盤”となりました。札幌の硬軟両石材を一緒に鑑みることができる貴重な機会になるでしょう。どちらも「札幌軟石文化を語る会」Sさんの力作です。お楽しみにお待ちください。

 展示に向けて、私は札幌軟石のほうを精査しなおしています。400棟を超える軟石建物(解体物件を含む)の情報を更新するのは、前にも記しましたがモグラ叩きさながらです。地味、地道、地場をモットーにして続けています。

 東区伏古のMさんというお宅に遺る軟石の塀です。
伏古 Mさん宅の軟石擁壁
 敷地が盛り土されてか小高くなっていますので、擁壁というべきでしょうか。
 軟石物件を長年観て歩いてくると、何かしらニオイを感じるようになりました。本件もしかりです。家人のMさんにお伺いすると、案にたがわず再利用でした。元は馬小屋で、「昭和50-60年頃」、周辺が区画整理されて宅地化されるときに解体して(擁壁に)積みなおしたそうです。
 Mさん宅には軟石建物も現存していますので、後述します。
スポンサーサイト

≪ 伏古・Mさん宅の納屋ホームあの帽子は、どこに行ったのだろう? ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック