FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/10/09

どうなるどうする北海道百年記念塔

 さきにお伝えしていましたように、来月、札幌建築鑑賞会主催で来月、北海道百年記念塔をテーマにした行事を予定しています。
札幌百科第16回案内チラシ どうなるどうする北海道百年記念塔
 同会公式ブログも併せてご覧ください。ご参加をお待ち申し上げます。

 今回の「札幌百科」では、記念塔のことを研究してきた山下和良さん(北海道建築研究会、ホッケンケン主宰)に歴史を解き明かしていただきます。また、設計者の井口健先生にもご登壇いただき、設計にまつわる秘話を山下さんとの掛け合いで語っていただきます。記念塔の建設工事中を写した貴重な写真もスライドで上映しますのお楽しみください。

 この一、二か月、記念塔の解体が決まったかのように報じられています(9月14日ブログ参照)。北海道の所管課(文化振興課)にチラシをお持ちしたところ、担当者は「まだ解体が決まったわけではありません。今、道民から意見を聞いているところで、年内に構想を策定することとしています」とのお話でした。ちょうど明日10月10日まで、意見募集をしています。⇒
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/bns/kosopub.htm

 今回の行事でメインスピーカーを務めていただく山下さんは「解体の是非を論じる前に」、とお話されています。記念塔の謎を明らかにし、塔の魅力を伝えたい、と。私も同感です。この行事は記念塔の存廃それ自体をめぐって参加者の意思統一を図るものではまったくありません。目的は「情報や思いの共有」です。
 私は本年1月来、記念塔のことを調べてきました。今後の処遇について私自身が「どう思うか?」と尋ねられて、現時点で「こう思う」という個人的な意見はあります(本年1月29日ブログ朝日新聞特集「『百年記念塔』進む老朽化、行く末は」参照)。しかし今感じているのは、まだまだ知られざる歴史が埋もれているな、ということです。記念塔の解体が最終決定される前に、あるいはその“跡地”利用を議論する前に、歴史を掘り起こす機会は多彩にあってもよかろうと思います。 
スポンサーサイト

≪ 福住の力石ホーム厚生年金会館 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック