FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/07/31

吉田用水 ④

 昨日ブログの続きです。
 画像
吉田用水跡⑨
 札幌市が管理する普通河川としての吉田用水は昨日の画像⑧で終わり、北側は道路になります。所在地は清田区北野4条3丁目です。南から北を眺めました。

 画像
吉田用水跡⑩
 道路を北へ進むと、T字路にぶつかります。同じく南から北を眺めました。
 正面の家屋の左側に擁壁が組まれ、高低差を作っています。用水は擁壁の下に沿って流れていたと想像しました。

 画像
吉田用水跡⑪
 150mほど続いた高低差の北端です。北から南を眺めました。

 ここでまた、近くの自家菜園で畑仕事をしていた男性がいたので、お尋ねしました。
 私「このあたりを用水が流れていませんでしたか?」
 男性(擁壁の下を指さして)「そこをね。幅1mくらいの川が流れていた」
 私「いつぐらいまで、流れていましたか?」
 男性「30年くらい前かな。だから、今も(川の跡は)国の土地のはずだよ。お金を出せば売ってくれるというけど、高いらしいね」
 私「『吉田用水』と言ってませんでしたか?」
 男性「吉田川はこの向こうのほう(画像右方)を流れているんでないかな」

 ほぼ見込みどおりに用水が流れていたことが裏付けられました。ただし、ここでお聞きした方は吉田用水という認識はなかったようです。
 画像⑨~⑪の位置と向きを空中写真で確認しておきます。
空中写真 吉田用水跡 北野4条3丁目
 黄色のが札幌市の“現役”普通河川としての吉田用水の南端、橙色のがその北端です。緑地帯が空中写真でも見て取れます。前掲⑨~⑪の箇所は、空中写真では痕跡が窺えません。

 これを、色別標高図で見てみます。
色別標高図 吉田用水 北野4条3丁目
 標高29m以下から2mごとの7段階の色分けで作りました(国土地理院サイトから)。
 黒線が現役河川の吉田用水、白線が推定痕跡です。白線でなぞったところ、どうでしょうか。微地形が感じられませんか。

 ところで、ここでお会いした男性がおっしゃっていたことが気になりました。川跡が今も国の土地であるという話です。上流の現役河川の吉田用水の管理者が札幌市であることからして、市有地ということは考えられます。
 
 地番図を見てみました。
地番図 北野4条3丁目 吉田用水痕跡 
 ⑩⑪は前掲画像の撮影位置・向きです。
 黄色の矢印の先で示したあたりが南北にわたって、極めて細く帯状に分筆されています。これもまた用水の痕跡とみてよさそうです。2017年作成の新しい地番図で分筆されたままということは、元河川敷地として札幌市の土地が残っている可能性があります。

 最後に昭和10年地形図で吉田用水を振り返ります。
昭和10年地形図 吉田用水
 濃い青でなぞったのが厚別川、水色が用水です。厚別川から用水とおぼしき線が二本、描かれています。拙ブログでこの間たどってきたのは西側の水路です。東側の水路も吉田善太郎が開削したのかどうかは、不勉強でまだ確認していません。前掲地番図で黄色の矢印の先に示した位置を、推定して同じく矢印で示しました。
 厚別川とラウネナイ川で削られた舌状台地(霜踏山という地名が見える)のベロの右側に沿って、用水が掘られたようですね。
スポンサーサイト

≪ 篠路駅東口駅前広場の在り方検討会議(第2回)ホーム吉田用水 ③ ≫

Comment

記憶が曖昧過ぎて大変申し訳ないのですが…。
以前、おそらくは白石歴しるべか白石の語り部を読んでいる時に大谷地小学校の前を流れていた川(ここも曖昧です。(用)水路と書いてあったかも知れません)で学校帰りによく魚を採っていたとの卒業生の方の回顧録が掲載されていまして、あんなところに川が流れていたとは…と思ったのと同時に、そういえば旧国鉄大谷地駅辺りから12号線まで何やら旧河川と思わしき不自然な線形の道路があることを思い出すも河川網図にも載っておらず、そこで追跡をやめてしまっていたのですが、もしかして今回の記事の後半部の地図にある二本あるうちの東側の用水路がそれなのかなと思った次第なのですがどうなんでしょう?
そしてまたまた曖昧な記憶で申し訳ないのですが、その川(?)は現在の流通センター以北にも伸びていたと書かれていたような。
この記憶が確かなら東側の用水路でしっくりくるなと思ったのですが。

吉田◯◯が多くて昔から色々混乱しております。
吉田さん頑張りすぎです。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック