FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/04/13

なんちゃって記念塔 厚別第1号、第3号

 「道新青葉中央販売所だより」4月5日号連載「厚別ブラ歩き」第7回がウエブ上に載りましたので、ご覧ください。下記サイトからダウンロードできます。
 ↓
https://doshin-aoba.jimdo.com/%E5%8E%9A%E5%88%A5%E3%83%96%E3%83%A9%E6%AD%A9%E3%81%8D/

 今号では、拙ブログでも綴ってきた「北海道百年記念塔」をテーマにしました。
 ホッケン研主宰Yさんに教えていただいたもみじ台団地の「完成記念塔」も、紹介させていただいております。
もみじ台団地 完成記念塔
 本件についてはYさんの「札幌ノスタルジック散歩」で取り上げられていますので、そちらもご覧ください。ホンモノとの比較を洞察されています。2018年3月12日記事です。

http://www.sapporowalk.justhpbs.jp/blogflame.html

 さて、本件記念塔の台座に銘文が刻まれています。
もみじ台団地 完成記念塔 銘文
 「もみじ台団地完成記念 この地の未来のために」と始まり、「昭和五十五年十二月 札幌市長 板垣武四」で締められています。

 摩耗してきていますが、泣かせる文面です。詠めなくなる前に、ここに全文を引用しておきましょう(太字)。
 団地造成前のこの地は、下野幌と呼ばれ、のどかな農村地帯でありました。
 もちろん、その昔は原始林であったわけで、今さらながら開拓の労苦がしのばれます。
 その農家の方々のご協力によりここに全国まれに見る美しく快適な団地ができあがりました。
 この造成に当たりご協力いただきました地元の皆様はじめ関係各位に感謝申しあげるとともに、この団地の輝かしい未来を記念して、ここに完成記念塔を建立いたします。

  
  本件は札幌市厚別区『あつべつ見聞録』1990年などにも載っているのですが、Yさんに教えてもらうまで私は見ていませんでした。銘文も初めて鑑みたしだいです。もみじ台団地にはかつて何度も足を運んだことがあるにもかかわらず、ウカツなことでした。

 今もそうかもしれませんが、札幌の市営住宅は申込倍率がン十倍と非常に高く、なかなか抽選に当たらないと評判でした。その中で唯一、通年無抽選で入れたのがもみじ台団地です。なぜか。交通立地条件もありますが、最大の理由は5階建てでエレベーターが無いことでしょう。丘陵地帯なので、バスを降りて団地の住宅棟そのものに行き来するのにも傾斜地の昇り降りを要します。
 札幌市住宅管理公社のサイトを見たら、いまも4階5階は通年募集をしている(つまり常時空いている)ようです。戸建て住宅地を含む地区の人口は1980年代に25,000人を超えていたものが現在は15,171人、「高齢化率」(65歳以上が人口に占める割合)は45.5%!だそうです(末注①)。
 市住の管理人さんから、以前聞いたことがあります。「昭和40年代、団地ができて間もない頃は最先端の設備で、あちこちから視察に来ていたものです」。「全国まれに見る美しく快適な団地」でした。それから三十有余年。「輝かしい未来」は来たか。

 ところで、私は前述「厚別ブラ歩き」に「私が知る限り厚別区内だけでも、これ(百年記念塔)を模したと思われる『ミニ記念塔』が2棟、あります」と記しました。

 もう一棟は、こちらです。
なんちゃって百年記念塔 2
 本年2月9日ブログに載せました。前掲もみじ台物件を「なんちゃって記念塔」厚別第1号とするならば、本件は第2号です。

 ところが。
 もみじ台団地の記念塔を見た帰り、拙宅がある集合住宅の前で、さらにもう一件「発見」してしまいました。
厚別中央 なんちゃって記念塔 第3号
  あろうことか、ほかならぬ私自身に共有持ち分がある物件です(側面には集合住宅名が書かれているが、消した)。私の共有物件という事情にかんがみ、前掲厚別第2号に準じてこれも「なんちゃって記念塔」厚別第3号に認定したい。これは「発見」です(末注②)。今の今まで気づきませんでした。
 
注①:北海道新聞2018.年3月27日記事「もみじ台団地50年 新たな魅力を」による。
注②:「発見」の用語については2017.3.31ブログ末注①参照
スポンサーサイト

≪ 八紘学園の池ホーム丘珠の軟石タマネギ倉庫 その2 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック