FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/01/29

大通公園の黒田、ケプロン像

 佐藤忠良のレリーフ「開拓」(1月27日ブログ参照)は、“まぼろしの百年記念塔”構想(1月17日ブログ参照)が一つのきっかけとなったと私は想います。“まぼろし”塔が階層性、上下関係を明確に示していたのに対し、レリーフは必ずしもそうは見えません。北海道の歴史が時系列で横並びされています。“開拓”の視点であることは否めません。こんにち的にみれば限界、制約はあります。しかし私は、このレリーフもまた歴史的な産物であることを見て取りたいと思います。 

 一方、“まぼろし”の構想は、別な形で実現しました。
 民間有志によって1967(昭和42)年、「北海道開拓功労者顕彰像」が4体、建立されたのです。4体というのは、黒田清隆とホーレス・ケプロン、岩村通俊、永山武四郎です(末注)。

 黒田とケプロンの像は、札幌の大通公園、西10丁目にあります。
大通公園 黒田、ケプロン像
 “まぼろし”構想時の明治天皇、黒田、佐藤昌介、依田勉三から、上記の4体に変わりました。

 これらの像は、民間有志が「建立期成会」を作り、寄付金を集めて建てたものです。会長は当時の北海道商工会議所連合会会頭。建てられたのは都市公園内で、建立には北海道と札幌市、旭川市の補助金も充てられています。百年記念塔は、道費に民間の寄付を加え、知事を会長とする「建設期成会」のもとで建てられました。規模の違いはありますが、記念塔と4銅像に本質的な違いはないのではないかと私には思えます。

 もし、「アイヌ民族には絶対に容認できない、アイヌ民族不在の歴史観に基づく」ことを理由に、百年記念塔を「早急に解体」すべきだとするならば(1月10日ブログ参照)、つまり老朽化を本質的理由としないならば、論理的には4銅像もその対象とせざるをえなくなります。札幌市役所本庁舎ロビーの島義勇像はどうでしょうか。台座に刻まれている銘文は「容認」できるものでしょうか(2017.7.26ブログ参照)。解体する・しないをどこで線引きできるか。

 かつてソ連邦が崩壊したとき、かの国の各地でレーニン像が倒されました。現在、米国では南部の州で南北戦争の南軍側英雄(リー将軍とか)の銅像を撤去する動きがあると聞きます。百年記念塔の解体を求める意見と通底する現象に見えます。
 過去の歴史観を現在の歴史観で裁くこと=“後出しじゃんけん”には、慎重でなければならないと私は思います。しかし、レーニン像にせよ、リー将軍像にせよ、“後出しじゃんけん”とは言い切れない同時代性が包含されています。問題はどう裁くか、だとも思うのですが、これが一筋縄ではいきません。
 
 ありきたりな結論で申し訳ないのですが、銅像や碑、モニュメントというモノは、建てるのも、遺すのも、壊すのも難しい。
 百年記念塔については、ありきたりではなく危険な結論を述べます。無責任を承知で言いますが、「北海道百年」の歴史的末路として自壊に委ねるというのはどうでしょうか。ひたすら朽ち果てるのを待つ。周囲に「破片が飛散して危険です」という注意を促して、カネをかけずに放置する。「見るに堪えない」って?(1月21日ブログ参照) しかし、そういうモノを50年前に先人が造ったのですからね。

 注:『北海道百年記念事業の記録』1969年に、「この案(引用者注:明治天皇ほかを顕彰する記念塔構想)に対しては、像の対象人物の選び方と建設場所が問題であるという意見もあり、のち結果的には記念塔と別に開拓功労者の銅像が民間有志によって建立されることになった」と記されている(p.48)。岩村像は円山公園、永山像は旭川の常盤公園に建てられた(同書p.137)。 
スポンサーサイト



≪ 札幌建築鑑賞会通信『きー すとーん』第78号発行ホーム忠良さんのレリーフ 道庁と百年記念塔 ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック