札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。

2017/11/12

小野幌の散居村

 先日来話題にしている小野幌は、現在の町名でいうと厚別区厚別北、厚別東です。
 厚別北すなわちJR函館線の北西側は宅地化が進んでいますが、南東側の厚別東は宅地化されていない空地や畑地が散在しています。鉄路と国道12号の間にはさまれたあたりです。
厚別東5条 Hさん宅納屋
 このあたりにも、私は土地柄の違いを感じてしまいます(11月1日ブログ参照)。
 
 郷土誌『小野幌開基百年』1988年を見ると、明治中期、入植が進んだのは鉄路の南東側(現在の厚別東)でした(pp.44-50)。南東側のほうが細かく地割され、家屋の密度も高かったことが窺われます。地盤、地質的な違いもあったのではないかと思います(10月31日ブログ参照)。その違いは昭和戦後も続きます。

 10月28日ブログに載せた1947年米軍撮影の空中写真を再掲します(国土地理院サイトから)。
空中写真1947年米軍 厚別 試験場線クランク 拡大
 朱線で着色加筆したのが試験場線、赤い▲の先が函館線の西通り踏切です。鉄路の北西側と南東側で人家の‘まばら具合’が異なります。南東側のほうが密度が高い。
 
 余談ながら(余談ばかりですが)、小野幌は富山からの入植者が多く、鉄路の南東側には「越中山」という地名がありました(本年5月5日ブログ参照)。それで妄想してしまったのですが、このあたりの家屋の散らばり具合が、富山の散居村のように見えてきました。これはあながち妄想とはいえないかもしれない(散居村については富山県砺波市サイト参照)。 

 話を本題に戻します。
 何が今日の本題かというと、小野幌がなぜ、鉄路の北西側と南東側で、現在に至る宅地化の度合いが違っているか、です。
 1976年の空中写真です(同じく国土地理院サイト)。
空中写真 1976年 小野幌周辺
 黒線でなぞった鉄路の北西側で、大規模な宅地造成が進んでいます。一方、南東側は、国道12号の南東部は区画整理が見られますが、鉄路と国道の間は散居村状態が続いています。
 つまり、もともと入植の密度が高かったところが往時の面影を残し、密度の低いところのほうが開発が進んだということです。逆転現象が起きた。まあ当たり前といえば当たり前なのでしょう。

 ところで、冒頭に載せた画像をもう一度ご覧ください。
 厚別東5条のHさん宅の付近です。後景に写る木造下見板貼り腰折れ屋根の納屋もさることながら、手前の電柱が気になり、こんな構図で撮ってしまいました。

 電柱は…。
厚別東 電柱 水恋幹
 「水恋幹」です。
スポンサーサイト

≪ 電柱 水恋幹ホーム市道官林北線 南線 東線 ③ ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR