FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2017/11/11

市道官林北線 南線 東線 ③

 昨日ブログの続きです。
 明治初~中期、野幌官林が小野幌の鉄路南東側まで広がっていたと想定します。そのエリアを薄緑色の線でなぞってみました。
昭和10年地形図 野幌官林 想定 南線 想定
 実際どこまで官林とされていたか、一次史料の裏付けがないというそもそもの問題は措くとしましょう。それでも、問題は残ります。
 現在の官林北線、南線、東線に当たる道が確認できるのは、大正5年地形図です。小野幌の鉄路南東側が払い下げられた明治中期以前、これらの道があったかどうか。道ができたのが大正期以降だとすると、この一帯はもはや野幌国有林ではありません。あとになってできた道に、官林と付けるか。仮に付けるにしても、北、南、東の位置関係は不自然さが否めません。

 B説を考えます。
 一昨日のブログに、「南線は小野幌川沿いに官林東線まで伸びているよう」に見えるというコメントをいただきました。前掲図で、南線(橙色)の延長を破線でなぞってみました。野幌国有林の「南」という位置関係が納得できます。では「東線」(黄色)はどうか。東線は野幌国有林の東側に通じています。

 一昨日いただいたコメントには「試験場線の接続道路」ではないかというご指摘も含まれていました。試験場≒官林への道(赤色)の北、南、東に位置するそれぞれの道、という位置づけです。試験場線自体「試験場に至る道」という意味合いが強いので、説得力があります。
スポンサーサイト

≪ 小野幌の散居村ホーム市道官林北線 南線 東線 ② ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック