FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2017/09/19

蔦井與三吉

 円山地区で見かけた銘鈑です。
奉納 蔦井與三吉
 「奉納 岩田建設株式会社 取締役社長 岩田巌  株式会社蔦井本店 取締役社長 蔦井與三吉」と刻まれています。

 蔦井與三吉 明治22・2-10-昭和49・12・8
 東日本フェリーなど、蔦井産業グループの創始者。石川県の生まれ。(中略)
 昭和2年、滝川市に本店設置。5年以降は樺太貨物航路、滝川砂利、茂尻石炭販売、利尻礼文航路など次々と傘下に収め、太平洋戦争中も多くの統制会社の代表を務めた。37年、七十三歳のとき世界三六カ国のフェリー事情を視察し、40年その集大成としての東日本フェリー㈱を設立した。日本初の外洋フェリーの誕生であり、函館、苫小牧、岩内、室蘭などを拠点に航路網をひろげ海運界のリーダーに。47年、札幌に本社機構を集中。石油、CATVなどにも進出している。
(さっぽろ文庫66 札幌人名事典』1993年、p.202)

 そういえば私が加入しているケーブルテレビは、前はSCAT(札幌ケーブルテレビジョン)といって、筆頭株主は東日本フェリーでしたね。社長も蔦井さんのご親族でした。フェリー会社がケーブルテレビ、というのを意外に思った記憶があります。
 
 その蔦井さんのお屋敷が2004(平成16)年まで、円山にありました。昭和初期築とお聞きしました。
円山 蔦井宅 2001年 
 画像は2001(平成13)年撮影です。和風の門構えが立派でした。札幌では珍しかったと思います。

 東日本フェリー亡き今、前掲の銘鈑も稀少となりました。ここで問題。
 この銘鈑は何に取り付けられているでしょう?
 ご存じの方は別として、ご存じでない方は推理してみてください。
スポンサーサイト

≪ 橋の岩田ホーム札幌大化院 ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック