札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。

2017/09/18

札幌大化院

 先日の円山散策の帰途、目に留まりました。
札幌大化院
 「更生保護法人 札幌大化院 希望寮」。

 「札幌大化院」という名前に感慨を覚えました。これは助川貞二郎が興した更生保護施設ではないか。
 文野方佳「助川貞二郎小伝(中)(『「新札幌市史」機関誌 札幌の歴史』第28号1995年)に、以下のように記されています(引用太字、p.53)。
 大正元年九月、恩赦に浴した貞二郎は、妻ヒデが細々と続けていた釈放者のための更生保護事業に本格的に取り組むことを決意。北一条西二十丁目に札幌記念保護会と名付けた施設を設け、軍手、紙袋貼りなどの更生事業に私財を注ぎ込む。大正四年に一月には札幌大化院と改称して、施設を南一条西十七丁目に新築移転した(札幌市史-文化社会編、北海道社会事業団体誌)。
 この頃「花の日」と名付けて、花見客で賑わう円山公園で、ボランティアの婦人や女学生たちが街頭に立ち、免囚救済の慈善運動の資金集めに造花売りをし、街の話題になった(北海タイムス 大4・5・14)。
 貞二郎が亡くなった後、この更生保護事業は長男の貞利が引継ぐことになる。


 文中「恩赦」というのは、助川は1905(明治38)年に官吏侮辱で、1908(明治41)年に文書偽造行使などでそれぞれ有罪判決を受けた(前掲書p.50)ことに対するものでしょう。
 あの助貞が始めた施設が今も続いている。「今も」という書き方は失礼かもしれませんが、敬意を込めます。百年以上にわたって続いているのですね。南1条西17丁目は、当時は札幌区の西の端でした。1923(大正12)年には市電一条線が通じます。助貞とのゆかりを感じさせる場所でもあります。
スポンサーサイト

≪ 蔦井與三吉ホームホンマ矯正歯科の隅切り ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR