FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2017/09/09

厚別・旭町の阿部仁太郎屋敷について 補遺

 本年(2017年)3月29-31日ブログ及び6月11-15日ブログで、厚別旭町の功労者・阿部仁太郎(末注)について記しました。このたび、私も一員である厚別区民歴史文化の会により、阿部家のご子孫にお会いして聞取り調査をすることができました。その結果、これまで拙ブログで私が推測の域で述べてきたことの事実が判ってきました。
 結論を先にお伝えします。ただし、ご子孫のプライバシーに属することは控えます。

 ①厚別旭町(厚別中央3条)に遺る煉瓦の蔵(2017.3.30ブログ同3.31ブログ参照)
 1926(昭和元)年頃の建築。
 阿部家は同年に豊平から厚別に転居して邸を構え、蔵もそのとき建てられたとのこと。ご子孫の記憶では、昭和戦後期は衣裳蔵として使われていました。なお、阿部家はこの地に1970(昭和45)年までお住まいでした。

 ②T社屋上の猿賀神社(2017.6.13ブログ同6.14ブログ参照)
 阿部家の屋敷内にあった小祠を遷座した可能性が高い。
 6月15日ブログで私は本件について「阿部神社は信濃神社に合祀されつつ、分祠として(いわば阿部家の個人祭祀用に?)現地に遺っていたのではないか。ただし確証はまだありません」と記しました。このたびの聞取りで、複数のご親族から屋敷内に小さな祠を祀っていたとのお話がありました。これは1944(昭和19)年に信濃神社に合祀したという旭町神社(通称阿部神社)とは別です。現在のT社屋上神社の写真をお見せしたところ、「屋根は新しくなっているが、屋敷にあったものに似ているような気がする」とのことです。ただし、T社に遷座したというご記憶はありません。しかしながら、信濃神社に合祀したものとは別の祠が戦後も長く旭町にあったということは、「阿部家の個人祭祀用」を裏付けるものであり、これが遷座された可能性がきわめて高いと私は判断しました。阿部家が旭町にお住まいだったのは前述のとおり1970(昭和45)年であり、T社が現在地に社屋を構えたのは先のブログに記したように1971(昭和46)年であることから、時系列的にも符合します。

 阿部家のご子孫宅に、厚別旭町のお屋敷にあった灯籠が移されています。
厚別・阿部家の灯籠①
厚別・阿部家の灯籠②
 阿部仁太郎直系のご子孫のAさんは「札幌建築鑑賞会のこと、知ってますよ」とおっしゃって、とても好意的に接してくださいました。
 以上、淡々と記しました(つもりです)が、私は歴史推理の醍醐味を味わいました。ここに至ることができたのは、厚別区民歴史文化の会会員Tさんとそのご友人知人の人的ネットワークのたまものです。このたびその末席に加わらせていただき、悦びひとしおです。

 このほかにも、旭町(現厚別中央3条)の戦後史に関する情報が得られ、貴重な史料もお借りすることができました。M会長(私の厚別での師匠)の考証により、11月に開催される「厚別歴史写真パネル展」に反映されることでしょう。

注:阿部仁太郎は初代、二代と襲名しており、旭町に功労があったのは二代目である。
スポンサーサイト



≪ 札幌建築鑑賞会 第77号できました。ホーム藻岩村道路元標が見当たらない! ③ ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック