札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。

2017/09/04

連隊通り 補遺②

 東北通り、白石区栄通3丁目で西を望みました。
東北通り 栄通3丁目 西望
 右方、乗用車が止まっているところが連隊通りです。東北通りは彼方へ向かって下っていきます。下った先には望月寒川があります。

 一方、東北通りの反対方向、東側を望むと…。
東北通り 栄通3丁目 東望
 こちらも、遠方に行くに連れて少し下がっています。
 連隊通りはどうも、尾根筋に道が拓かれたように思えます。

 1953(昭和28)年頃の連隊通りの周辺を描いた略地図です。
南郷部落図 昭和28年頃
 『郷土史 南郷』1989年掲載の「南郷部落略図」から抜粋しました。方位はおおむね10時の向きが北です。川や用水路、沢と描かれているところを水色でなぞりました。橙色でなぞったのが連隊通りです。これを見ると、連隊通りは、西方を望月寒川及びそれに並行する用水路、東方を「沢」が流れる中間を通じています。ちなみに、連隊通りには「陸橋通」とも記されています。

 1961(昭和36)年の空中写真を見ます。
空中写真 1961年 連隊通り、望月寒川
 同じく連隊通りに橙色、川に水色を付けました。西方の望月寒川は明らかですが、東方の「沢」のほうは一部読み取りづらいところもあります。おおむね連隊通りが尾根筋とみてよさそうです。

 古地図で地形を当たってみました。
大正5年地形図 連隊通り 望月寒川
 大正5年地形図からの抜粋です。「沢」は描かれていないので、等高線に照らして推測し、水色の破線でなぞりました。等高線的に見ても、連隊通りは特に月寒から南郷にかけて尾根筋を通っています。

 「沢」の河道を現在図で推測してみました。
現在図 連隊通り 望月寒川
 「沢」の河道、谷底に近いところを現在、白石中の島通りが通っています。

 白石駅が開業したのは1903(明治36)年、連隊通りが拓かれたのが1905(明治38)年といいます(末注)。駅から連隊への連絡路には尾根筋が選ばれたようです。

 注:札幌市白石区役所『白石歴しるべ』1999年pp.68-69。同書によれば、白石駅がもうけられたのは月寒に独立歩兵大隊(のちの歩兵25連隊)が置かれたためであるという。
スポンサーサイト

≪ 「藻岩村道路元標」が見当たらない!ホーム江別 北海道林木育種場 旧庁舎 ≫

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR