札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。

2017/08/31

瑞穂神社 補遺

 8月18日ブログで、苗穂の旧陸軍糧秣廠(現自衛隊苗穂分屯地)内に遺る池泉について記しました。その中で、池のほとりに祠があったことに触れたところ、読者の方からコメントをいただきました。その後判ったことを記します。なお、苗穂分屯地に展示されている祠の写真を同日のブログに載せ、キャプションを「現静心池付近にあった水穂神社の様子」と引用しましたが、「穂」ではなく「穂」が正しかったので、訂正します。

 郷土史の文献『なえぼ-庚午一の村誕生から平成まで-』1998年に、以下の記述がありました(p.235、引用太字)。
 正門(引用者注:苗穂分屯地)を入ると右手に静心池という池がある。その池の中島に小さな洞ママ(ほこら)がみえる。施設内で事故が無いよう起願し祭られ瑞穂のほこらと呼ばれた。陸軍の糧秣廠設置当時から祭られており、昭和十二年には社(やしろ)も建立されたが、戦後施設内から出て、今は札幌村神社(東区北十六条東十四丁目)の境内にひっそりと祭られ、毎年九月四日が例祭である。なお東区苗穂町にあって、昭和三十四年宗教法人瑞穂神社と改名した旧雁来神社とは、別のものである。

 同書によると、分屯地内にあった祠は札幌村神社に遷座されたようです。そこで札幌村神社に行ってきました。
札幌村神社
 神社の境内に小さな祠が「ひっそりと祭られ」ているのを期待していたのですが…。残念ながら、それらしきものは見当たりません。
 宮司さんに伺ったところ「当社には、末社や祠のたぐいで合祀されているものは、ないですね」と。郷土史の文献に記述されていることをかくかくしかじかお伝えしたのですが、明確に否定されました。
 糧秣廠の瑞穂神社はどこへいったのか?

 実は文献に当たる前に私は、苗穂町にお住まいのYさんにお問合せしました。Yさんというのは瑞穂神社のお隣にお住まいで、軟石倉庫2棟の大家さんです(2017.6.6ブログ参照)。まぎらわしいのですが、ここでいう瑞穂神社というのは、前掲書で「別のもの」といっている旧雁来神社のことです。区別するため、分屯地にあった祠は「糧秣廠神社」と便宜的にいうこととします。
 旧雁来神社の瑞穂神社は、苗穂分屯地からもっとも近くにある神社で、しかも名前が同じであるのが私は気になっていました。ただし、同社に糧秣廠神社が合祀されたとか遷座したというような記述は文献上(といっても、『さっぽろ文庫39 札幌の寺社』1986年ぐらいしか見ていませんが)、見当たりません。それどこか前掲『なえぼ』誌では、「別のもの」と言い切っています。そうはいってもYさんは旧雁来神社の近くに古くからお住まいなので、一応ウラを取ってみることにしたのです。
 私の問いにYさん答えて曰く「自衛隊(分屯地)に池はあったと思いますが、神社があったとは聞いたことがないですねえ」と。旧雁来神社はもともと現在地の道路(国道275号)のナナメ向かいにあったのですが、昭和40年代に移されたそうです。

 こちらが旧雁来神社の瑞穂神社です。
瑞穂神社(旧雁来神社)
 念のため現地も確かめてみましたが、ここにもそれらしい小祠はないし、由来を刻んだ碑にもそのようなことは書かれていません。拝殿の左方にある社務所?の方にお尋ねしたところ、糧秣廠神社のことはやはり「聞いたことがない」と。ただ、「毎年、秋のお祭りのときに、自衛隊の方が2名ほど手伝いに来られますけどね」と。ほう。やはり分屯地にもっとも近い神社だけある。政教分離上、自衛隊の業務としてではなく、たぶん有志として参加しているのでしょう。例大祭はちょうど来週、9月5日です。覗いてみようかしらん。自衛隊の方にあらためて話を聞けるかもしれません。

 このほかに分屯地の近くで神社といえば、苗穂神社です。ここにも足を運びました。が、やはり合祀遷座の形跡は確認できませんでした。
 以上、はかばかしい収穫はありませんでしたが、「施設内で事故が無いよう起願し祭られ瑞穂のほこらと呼ばれた」(前掲『なえぼ』)精神は、旧雁来神社のお祭りへの参加という形で引き継がれているように私は嗅ぎ取ってしまいました。どうでしょうか。
スポンサーサイト

≪ 連隊通り 補遺ホーム久住さんを悼む ≫

Comment

瑞穂神社補遺について

8/18のblogでの記事についてコメントしたところ、今回このような精緻にとんだ記事をご紹介いただき喜び一入です。
筆者はさっぽろ建築鑑賞会の代表として日頃より多彩な活動をされ著書・イベントなどの講師なでよく知られた方ですが、ご多忙の中blogを立ち上げ現場の取材・文献などの事実検証を通じて貴重な情報をご提供されていることに日頃より敬意を表している次第です。札幌を知る貴重な情報満載のこのblogがより多くの方が訪問されるようねがって止みません。一言お礼のコメントです。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR