FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2020/03/19

札幌の地名と内地の地名 一考察②

 昨日ブログの続きです。
 私が今住んでいる札幌市厚別区と郷里の愛知県稲沢市の地名を較べています。較べるための指標として、“地名密度”という概念を考えてみました。単位面積あたり行政地名の数がどれだけあるか、という数値です。

 昨日記したとおり、私が育った稲沢市梅須賀町には23の字(あざ)があります。通称地名ではなく、戸籍や住民基本台帳、不動産登記などに記載される公的な地名です。ひとまず行政地名と括ります。梅須賀町には23の字のほか1丁目~9丁目という行政地名もありますが、除くこととします。梅須賀町の面積は0.86㎢です。
 一方、札幌市厚別区には町名が18あります。ここでいう町名は行政地名のうち、普通名詞的表記を除いた固有名詞的部分とします。「厚別中央1条1丁目」であれば、「1条1丁目」を除いた「厚別中央」です。「もみじ台西」「もみじ台東」や「厚別北」「厚別南」などの「東西南北」は普通名詞的であり、純粋に固有名詞的部分は「もみじ台」「厚別」だけとも解されます。とすると厚別区の町名はさらに少なくなりますが、ひとまず「もみじ台西」「もみじ台東」などはそれぞれ固有名詞化しているととらえます。厚別区の面積は24.38㎢です。
 そこで“地名密度”=行政地名の数/単位面積を算出すると、稲沢市梅須賀町は23/0.86㎢≒26.74、厚別区は18/24.38≒0.73となります。1㎢あたりの地名が、梅須賀町は26強、厚別区は1弱です。梅須賀町は厚別区に比べて二十数倍、地名の密度が濃いことを示します。
 
 前述したとおり、私は行政地名を固有名詞的部分と普通名詞的部分に分けて解釈しました。普通名詞的部分も含めて固有の地名と広く解釈するならば、厚別区の地名の数はもう少し増えます。一例を厚別区の中で見てみます。
 厚別区の現在図です。
現在図 札幌市厚別区厚別中央1-2~1-7、2-2~2-6 範囲
 赤色でべた塗りした区域の町名は、以下のとおりです(太字)。
 厚別中央1条2丁目、厚別中央1条3丁目、厚別中央1条4丁目、厚別中央1条5丁目、厚別中央1条6丁目、厚別中央1条7丁目、厚別中央2条2丁目、厚別中央2条3丁目、厚別中央2条4丁目、厚別中央2条5丁目、厚別中央2条6丁目
 地名の数は、狭義にとらえて「厚別中央」だけとすると1ですが、広義に「○条○丁目」まで含めると11となります。このべた塗りのエリアの面積は1.07㎢です(末注①)。地名を広義にとらえた数で前述の地名密度を算出すると、厚別中央地区(厚別中央1条2-7丁目、2条2-6丁目)は11/1.07㎢≒10.28となります。

 この厚別中央地区の地名密度を稲沢市梅須賀町と比べるに当たっては、梅須賀町の地名密度を算出し直します。前述のとおり同町には字23のほかに1~9丁目の地名がありますが、先の算出では1~9丁目は地名の数から除きました。厚別中央地区で〇条○丁目を地名として数えた以上、梅須賀町でも〇丁目を加えるのが妥当と考えます。すると地名数は32となり、梅須賀町の広義の地名密度は32/0.86≒37.21となります。
 稲沢市梅須賀町の地名密度は、厚別中央地区の広義の地名と比べても3.6倍の濃さです。

 現在図で愛知県稲沢市梅須賀町の区域を示します。
現在図 愛知県稲沢市梅須賀町 範囲
 同じく赤いでべた塗りしました。前掲の厚別区厚別中央の一帯と較べて、土地利用の違いがお察しいただけるかと思います。
 梅須賀町は周囲に水田や畑が広がる集村で、その形態はたぶん近世から基本的には変わってません。昨日ブログに記したとおり人口は747人です。一方、厚別区厚別中央1条2-7丁目、2条2-6丁目の人口は10,245人。
 地名一つあたりの人口という尺度で測ってみます。厚別中央10,245/11≒931.4人、梅須賀町747/32≒23.3人となります。一地名当たりの人口が、前者は平均931.4人、後者は23.3人です。梅須賀町の一地名あたりの人口は厚別中央に比べて、約40分の1しかありません。逆数で考えると、梅須賀町は一人あたりの地名の密度が厚別中央の40倍濃い、といえます。

 注①:国土地理院サイトにより計測
 注②:札幌市サイト「住民基本台帳人口」ページ 「町名・条丁目別世帯数及び人口」による。→ http://www.city.sapporo.jp/toukei/jinko/juuki/juuki.html#jou-choume
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック