FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2020/03/01

平岸霊園の合同納骨塚

 かねて、新しい納骨堂が札幌軟石でできていると耳にしていました。 
平岸霊園 合同納骨塚
 たしかに、正面に軟石が積まれています。
 軟石を愛する札幌人にはありがたい。私もここに葬られたいものです。昨日から逝くとか葬られるとか綴っていますが、生きることに未練がないわけではありません。可能なかぎり時空を逍遥します。
 軟石は正面のみで、側面背面の三方はコンクリートむきだしです。これを「軟石建物」とみなしてよかろうか。札幌軟石人を自任する私としては、含めたい。本件は、正確には合同納骨「塚」です。「塚」は建物か。外見上、屋根があって壁(躯体)があり、建物の体です。ゆくゆく私自身がお世話になるかもしれないという恣意的きわまる理由により、軟石建物に含めます。

 平成期の新築物件です。昨年10月22日ブログの集計から母数を1件増やして415棟とし、建築年代内訳の「昭和後期-平成期」に加えます。
 明治期:17棟(4.1%) 
 大正期:29棟(7.0%)
 昭和戦前期:52棟(12.5%)
 昭和戦後期:104棟(25.1%)
 昭和後期-現在:51棟(12.3%)
 不詳:162棟(39.0%)
 *「昭和戦後期」は昭和20-30年代、「昭和後期-現在」は昭和40年代以降現在までを指す。後者はこれまで「昭和後期-平成期」と表記してきたが、改元されたので「-現在」と改める。
 
 ここで統計数字について注釈します。これまで私は対外的に、札幌市内に現存する築50年以上の軟石建物を約300棟とか300棟余りと述べてきました(末注①)。築50年以上というと、おおむね昭和40年代半ば(1970年)以前の建築です。前述の建築年代内訳で、「明治期」から「昭和戦後期」までを合計すると、202棟です。これに「昭和後期-現在」のうちの昭和40年代前半築を加えても、300棟には至りません。では300棟という数字の根拠は何かというと、前掲で「不詳」とした162棟から、「築50年以上」すなわち昭和40年代前半以前築とみられるものを加えているのです。

 そのからくりを、一例を挙げて説明します。
 北区北31条のHさん宅に遺るサイロ遺構です。
北区北31条 Hさん宅サイロ
 札幌建築鑑賞会の統計では、本件の建築年代を「不詳」としています。しかし、本件は少なくとも「築50年以上」ではあると思われます。その根拠は以下のとおりです。
 ・軟石の表面仕上げが「ツルメ」(手彫り)であること。機械掘り(チェーンソー)が導入された昭和30年代後半以前の採石である。
 ・この地で酪農が営まれていたのはせいぜい昭和50年代までであり(末注②)、一般に軟石の塔型サイロが建てられるとしたら昭和40年代前半以前である。
 ・1966(昭和41)年空中写真(国土地理院サイト)に、サイロらしい影が写っている。
  
 「築50年以上」であるとしても、昭和40年代に建てられたのか、30年代、20年代、はたまた戦前なのか、詳らかではありません。すなわち「不詳」です。前述の「不詳」162棟の中にはこのような物件が相当数含まれています。これを加えると「築50年以上で現存」は300棟(余り)という数になるのです。ちなみに、母数の415棟は私たちが調査を始めた2005(平成17)年以降に現存を確認したものですが、その後現在に至る間に解体消失したものも含まれます。当然ながら、解体消失したものは「現存」から除きました。

 注①:朝日新聞2018年3月10日朝刊道内面「北の文化」拙稿「札幌軟石を北海道遺産に」朝日新聞2019年5月16日朝刊道内面コラム「木曜 カルチャー・考える」欄(外岡秀俊さん)「札幌軟石 魅力と可能性と」など。
 注②:私は1980年代後半(昭和60年代前半)、このあたりでアパート暮らしをしていた。そのアパートはもともとHさんの牧草地で、当時すでに酪農は営まれていなかった。 
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック