FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2020/02/29

平岸霊園納骨堂に抱く既視感

 UHB(8ch)みんテレ(15:50-)の「となりのレトロ」は、3月2日(月)に放送されます。新型コロナウイルスのニュースなどで変更がなければ、ですが。

https://uhb.jp/program/mintele/
 今回は白石本通を歩きます。北海道知事の外出自粛お願いの前に収録したものです。
 外出自粛といえば、今月に入って「不要不急」の外出は控えましょうと呼びかけられるようになりました。私の時空逍遥は不要不急の極致です。不要不急を取ったら何も残りません。ただ、人が多い空間は苦手なせいか、どちらかというとあまり人気がないところを彷徨っています。だから「濃厚接触」の可能性は低い、といいたいところですが、問題は交通手段です。クルマがないので、地下鉄やバスに乗らざるをえません。私自身は、ウイルスに感染しても「まあ仕方がないかな」と半分諦めています。それで命を落とすことになったとしても、天命かと。できればあまり苦しい思いはせずに逝きたいものです。しかし、周りの人にうつす恐れがあると、まずい。

 閑話休題。平岸霊園です。別に、早く逝きたいからというわけではありません。 
平岸霊園 納骨堂 遠景
 「納骨堂」があります。

 気になる造形です。
平岸霊園 納骨堂 正面 近景
 正面中央は、曲線的な合掌状の塔型が聳えています。

 厚みを帯びた屋根。
平岸霊園 納骨堂 近景 左ナナメから
 リーゼント風前髪のように反った軒も、どこかで見たような気がします。
 
 軒下、犬走り部分の外構も、モダニズムな気配です。
平岸霊園 納骨堂 近景 軒下 犬走り
 「軒も」とか「外構も」と、付加の「も」を用いたのは、何らかの建物が潜在的な前提にあるのでしょう。
 
 この納骨堂、私は1970年代前半(昭和40年代後半)の建築とみました。さて、どうか。
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック