FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2020/01/25

北6条東2丁目に抱く妄想

 旧苗穂駅舎跡を訪ねた後、札幌駅まで歩きました。もう一つ、気になっていた場所があったからです。
 
 気になっていた先は、東区北6条東2~5丁目にあります。「札幌総合卸センター」です。
札幌総合卸センター
 かねて、この仲通り空間には“雰囲気”を感じていました。

 譬えていうと、ロシアの古都サンクトペテルブルグのような雰囲気です。といっても私は彼の地に行ったことはありません。行ったこともないくせにどこがロシアなのだと謗られそうですが、私は連想してしまいました。連想というより、妄想幻覚に近い。きっかけは昔見た旧ソ連時代の映画で、原作はドストエフスキーの『罪と罰』です。実際にロケで使われたのはたしか北欧の街と聞きましたが、北欧も行ったことがありません。ともかく私はペテルブルグを想いました。その街の雰囲気を、この仲通りが彷彿させるのです。『罪と罰』をこれまた昔読んだとき、ペテルブルグは「ロの字」型平面の建物で街区が構成されていることを知りました(2016.2.11ブログ参照)。「ロの字」の真ん中の空間に想いを馳せたのが本件仲通りです。

 「仲通り」と記してきましたが、札幌の中心部に見られる一般的なそれとはどうもこれまた雰囲気が異なります。それが異国の風情を醸している所以かもしれません。「札幌市地図情報サービス」で確かめたところ、認定道路(市道)ではなく、指定道路(私道)でもありませんでした。施設柄必要な荷卸し空間なのですね。とまれ、海外旅行しなくても手近に異国を体験できるのは能天気に幸せです。ためしにグーグルストリートビューでサンクトペテルブルグを観たら、愕然としました。現代的な街並みです。「これは、私のペテルブルグではない」。身勝手な感想ですが、現地に行ったらむしろ失望するかもしれません。

 この卸センターの一帯が近く再開発されるという新聞報道を記憶していました。8か月前の記事を読み直したら、次のように書かれています(北海道新聞2019年5月26日朝刊「札幌卸センター用地買収へ」。引用太字)。
 東2、3地区の商業団地は築50年以上と老朽化が進んでおり、札幌総合卸センターは、隣接する東4地区で13階建てのオフィスビルを建設中。入居を希望する組合員14社の移転を20年1月に終えた後、東2、3の建物を解体して、5者に引き渡す。
 記事の文面は忘れていましたが、「20年1月」に移転を終えるというということが脳裏に刻まれていたのかもしれません。それで足を運ぶ気になったのでしょう。文中「5者」というのは、医療法人や不動産業など再開発を進める企業を指します。病院やマンション、ホテルが計画されているそうです。

 卸センターの建物に掲げられている広告看板です。
札幌総合卸センター 北6東2 南側
 JRの車窓から目に入ります。

 「コンピュータリボン ワープロリボン… 三菱鉛筆」。
札幌総合卸センター 北6東2 南側 三菱鉛筆広告
 uniのインクリボン、私も使いました。2002年頃までだったでしょうか。新しいモノへの切り替えの遅い私です。

 いつのころからか、この看板を観るつど「ワープロリボン、まだ作ってるのかなあ」と想うようになりました。上掲画像は2015年4月の撮影ですが、いまも現地でまだ看板は健在です。本件「ワープロリボン」はあくまでも、かつてのワープロ用でしょう。パソコンとかインクカートリッジとかに置き換わらずに屋外で活字として遺っていることに感動を覚えます。健在といっても、今年中には姿を消しそうです。

 明日(1月26日)の北海道新聞に、一部取材協力した記事が載ります。日曜版の特集です。黒澤明監督の映画『白痴』にちなみます。本日ブログでドストエフスキー原作の映画に触れたのはたまたまです。

2020.1.31 訂正追記
 上述の「実際にロケで使われたのはたしか北欧の街」というのは、私の記憶違いだった。ペテルブルグを舞台にして北欧でロケした映画は、1982年公開の『REDS』か。(2015.3.8ブログ参照)。『罪と罰』は旧ソ連の作品なので、地元でロケできたと思う。かたや『REDS』は米国映画なので、旧ソ連では難しかったのだろう。
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック