FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/10/14

東区米国説

 札幌市東区はアメリカだという説がだいぶ前、説かれました。
 いつ、だれが最初に唱えたか、私の記憶はさだかでないのですが、30年くらい前、いやもっと前だったか、『朝日新聞』の記事(たぶん道内版)で読んだ覚えがあります。どなたか出どころをご存じですか?
地理院地図 札幌市東区 区域
 創成川を境とする西端が西海岸、豊平川が東海岸からメキシコ湾、モエレ沼が五大湖。

 グーグルマップでほんまもんの米国と較べてみましょう。

https://www.google.com/maps/@40.8697912,-92.1022184,5z?hl=ja
 豊平川右岸の出っぱりがフロリダ半島に見えてきた。フシコサッポロ川は大河ミシシッピか。西方の条丁目域は、中西部から山岳地帯各州域の矩形を彷彿させます。丘珠の辺は、中西部の穀倉地帯。この説が世に出たときにはまだなかったが、モエレ沼公園はニューヨークのイサム・ノグチにちがいない。いや、モエレ沼は五大湖だから、シカゴか。シカゴにイサム・ノグチはあったか?パブリックアートのお膝元なので、きっとあるでしょう。

 米国説の根拠は、豊平川沿いの娯楽施設に立っていた「自由の女神」像で極めつけられました。そういえばあったなあ。しかし、はっきりした場所が思い出せません。あれは東区だったかしら。
 東区の東部は明治時代、開拓使の御雇外国人が米国東部原産のタマネギを普及させ、かつては全国有数のタマネギ主産地を誇りました(末注)。そのDNAは今も息づいています。亜米利加といえるかもしれない。

 注:札幌市東区役所『札幌黄物語~幻の玉ねぎの今を伝える~』2013年、pp.1-2
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック