FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/10/01

平岸イーストセンターにあった池

 9月29日ブログの続きです。
 東裏本通(現市道豊平平岸霊園線)に面する「イーストセンタービル」の場所にはかつて、池があったようです。池の正体は何だったのか? 地形に鑑みたとき、扇状地扇端の湧泉(メム)や崖線湧水とは考えづらい。
 
 あらためて1948(昭和23)年空中写真を眺めます。
空中写真 1948年米軍 東裏 小泉川
 東裏本通に沿って、水路が通じています。水色でなぞりました。
 池は、この水路から人工的に引いたものか、あるいは水路がここで自然的に滞留して水溜りを作っていたものでしょうか。庭園? それとも実利的な用途があったのか。

 そもそも、この水路は何か? 空中写真を広域で俯瞰し、なぞってみます。
空中写真 1948年米軍 東裏 小泉川
 東裏を流れていた「小泉川」ですね。
 小泉川については、2017.10.1010.1110.18各ブログをご参照ください。

 その流路を、色別標高図に重ねてみます。
色別標高図 平岸 東裏 標高35m未満から2mごと10色 小泉川
 小泉川は、札幌扇状地の古い平岸面を作った古豊平川の名残だったのかもしれません。

 ところで、東裏の池、のちのイーストセンタービルのあたりには、南側にもう一つ水路が流れています。
空中写真 1948年米軍 東裏 小泉川  1号用水路
 濃い青の実線でなぞりました。これは「一号用水路」です。
 
一号用水路の痕跡も、前に探訪しました(2016.3.83.9ブログ参照)。この用水路は人工的に開削されたものですが、ちょうど東裏本通のあたりで弯曲しています。なぜ、湾曲させたのか。弯曲させる必要があったのか。
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック