FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2019/09/11

名鉄百貨店で時空逍遥

 私にとってデパートといえば、「名鉄」です。
名鉄百貨店本館 北側
 名古屋市民なら「丸栄」とか「松坂屋」「オリエンタル中村」だと思いますが、市外の名鉄利用者は名鉄百貨店でしょう。おもちゃ売り場とか、お菓子売り場、書店、屋上遊園地、食堂、みんな名鉄です。いまは全階ほとんど婦人物売り場ですが、かつてはこの本館が子どものパラダイスでした。その建物も近い将来、再開発で一新されると風の噂に聞きます。
 
 2016年12月に老母を郷里から札幌に引き取って以来、このたびは約3年ぶりの名古屋です。今度またいつ来れるか、わかりません。見納めになるかもしれないので、名鉄デパートを郷愁してきました。   

 中2階に吹き抜けの回廊大空間があります。
名鉄百貨店本館 2階 元のお菓子売り場
 今は化粧品ですが、元のお菓子売り場です。真ん中に大きなターンテーブルがあって、ぎっしり詰められたキャンデーとか駄菓子がくるくる廻っていました。天井の円形の縁取りはその名残でしょうか。
 
 母が買い物している間、私は階段の踊り場のベンチに座って、おもちゃで遊んだり本を読んで待っていたものです。
名鉄百貨店本館 階段 
 木の手すりは、昔と変わっていないのではないだろうか。

 屋上はもちろん、遊園地でした。
名鉄百貨店本館 屋上
 いまは全面、ビアガーデンです。

 屋上社祠。 
名鉄百貨店本館 屋上社祠
 たぶん私が子どものころにもあったのでしょうが、このたび初めて気づきました。

 お稲荷さんですか。
名鉄百貨店 屋上 お稲荷さん
 商売繁盛。

 名古屋への行き帰りはパノラマカー、それも先頭車両に乗れたら言うことありませんでした。
名鉄パノラマカー 2004年
 祝祭的時空への導入として恰好の装置だったと思います。通称「赤い電車」の運転士になることが、男の子の夢でした。
 
 なお、上掲画像は後年(2004年)の撮影です。すでに「特急」の座を新型車両に明け渡し、「普通」(各駅停車)や「準急」で使われていました。後景に写るのが、たしか新型の「パノラマsuper」です。その新型も、もう引退していますね。
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック