FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2019/09/04

函館 元町 緑坂

 函館の西部地区の坂道には、それぞれ呼び名があります。坂道と交差する道、つまり傾斜の無い通りの名前よりも、ナントカ坂という名前のほうがなじみ深いようです。これは函館に限らず、坂のある町に共通かもしれません。観光客にとっては坂道からの港の眺めなどが印象に残るということがありますが、えっちらおっちら上り下りという負荷体験が精神作用に影響するのでしょうか。
 
 元町の電柱で、坂の名前らしき銘が付けられているのを見ました。
函館 電柱 緑坂幹
 「緑坂幹」。
 観光ガイドマップには、この坂名は見当たりません。

 くだんの電柱銘を採集した場所です。
函館 東本願寺別院
 山側から下を見下ろしています。
 正面に見える大きな瓦屋根の寺院をはさんで、向かって右側に二十間坂、左側に大三坂が下へ通じているのですが、それ以外に近くには坂道はありません。「汐止」(8月31日ブログ参照)同様、本件も古称由来のようです。

* * * * *
 拙ブログは2014年7月23日から始め、2015年9月4日から閲覧者数を数えてきました。閲覧者数は昨日までのまる4年で、のべ101,495人です。年を追ってご覧いただく方が増えてきました。ここ最近は一日当たりの実人数で約90名です。ありがとうございます。
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック