FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/09/07

ない④ 復旧

 午後8時過ぎ、拙宅も通電しました。
 ご近所の集合住宅で一斉に灯りがともるのが窓越しの夜景に見えて、感動を覚えました。
 遠方からのお見舞い、ありがとうございます。

 テレビで震源地の被災を初めて見ました。停電・断水という“二次災害”は農家に深刻だと思います。
 都市部も、超高層マンションの上階は大変だろうなと察します。しかし、都市生活は自業自得(といったらこれも不謹慎ですか)的側面を持ちます。まあ冷笑するのは控えましょう。私ごときが知りえない危機回避の秘策があるのかもしれませんし。
 
 もし、このたびの出来事が冬場に起こっていたら、どうなっただろう? そう想った都市住民は少なくないのではないでしょうか。東日本大震災や西日本豪雨のような一次的災害を札幌で厳冬期に被ることを想うと、今回の椿事は「覚悟しとけよ」という天啓と受け止めたい。いや、まだこの数日内に本震が来るかもしれないので、教訓を垂れる段階ではありませんが。

 初めて露呈する拙宅方丈、地震直後の惨状です。
拙宅書斎の惨状 180906
 これだけ見ると、札幌市厚別区の震度は(今もって公表されていませんが)5ぐらいはあったのではないか。

 揺れる前から元々、このありさまだったのではないかって? いや、ふだんはもう少し綺麗です。

2018.9.8追記
9月7日夕刻の気象庁発表により、厚別区の震度は「5弱」と判明した。
スポンサーサイト

2018/09/07

ない③ 停電二日目

近所は電気が点きだしているようだが、拙宅はまだ。
水とガスが通じているのが、幸いだ。
今日明日明後日と、参加しようと思っていた催事がすべて中止になる。
『揺れ動く大地』出版記念トークと地質学会の講演会「動く大地のしくみ…」は、期待していたので残念。あまりにも時宜に適っていすぎたか。

ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック