FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/09/02

私に続いて起こった「いいこと」

 昨日ブログで、「この二三日、私には『いいこと』が続きました」と記しました。
 「いいこと」のもう一つも、公共交通絡みです。私は先日、‘お宝’をバス車内に置き忘れてしまいました。しかし翌日バス会社の営業所に問い合わせ、無事取り戻すことができたのです。

 私が車内に置き忘れた‘お宝’です。
国土地理院地形図「札幌」復刻版3枚
 国土地理院「五万分一地形図集 札幌」1971年。明治29年版、大正5年版、昭和10年版の復刻版です。

20万分の1地製図「札幌」1954年
 地理調査所「20万分の1地勢図 札幌」1954年。

日本国有鉄道案内図1959年
 「日本国有鉄道案内図(北海道)」1959年(カラーコピー)。

札幌市河川網図2012年
 「札幌市河川網図」2012年。

 前3者は、知人から譲り受けたものです。時空逍遥で古地図をいつも持ち歩いているわけではないのですが、この日は別でした。逍遙先の現地で照合したかったことに加え、小説家にして歴史家の田中和夫さん(8月30日ブログ参照)にお会いするに当たり必要としたからです。ふだん持ち出さない1954年地勢図まで携行しました。

 そういうときに限って、置き忘れてしまうとは。これらのお宝はまとめてクリアファイルに挟んでいたのですが、バスの車内で広げた際、リュックに戻すのを忘れてしまったのです。喪失感が大きいというより、置き忘れたという現実に向き合えませんでした。バス会社の営業所に電話するのを、ためらいました。保管されていないことが判れば、遺失という現実が確定します。確定させたくなかったのです。 
 営業所の方の「届いてますよ」という返事を聞いたときは、もちろんとても嬉しかったのですが、これまた現実から遊離した心境でした。稀有な不運幸運に遭遇すると、意外にも感情は昂ぶらないものなのでしょうか。とまれ、運転手さん、またはもしかしたら車内で見つけて運転手さんに届けられた方に深く感謝申し上げます。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック