FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/05/29

札幌建築鑑賞会通信『きー すとーん』第79号 発行

 今号の表紙は、会員Sさんの作品「旧小熊邸」を掲載させていただきました。
札幌建築鑑賞会通信 きーすとーん第79号表紙
 彩色の原画を札幌建築鑑賞会公式ブログに載せましたので、そちらもお楽しみください。
 ↓
https://ameblo.jp/keystonesapporo/entry-12379807538.html

 ところで、絵に添えた文は次のような出だしで始めています。
通信第79号 表紙 文
 画像では読みづらいと思いますが、赤い傍線を引いた「小熊捍」のところに「おぐま まもる(かん)」とルビを振りました。
 
 一般的に「旧小熊邸」のことを記した文献等で、元の住まい手であった小熊捍先生(北大教授)の名前の「捍」に振られているルビは「まもる」です(末注①)。しかし、ここではあえて(かん)と補いました。それにはわけがあります。
 ひとつは、門下生だった朝比奈英三先生(北大名誉教授)がご健在のときに「私たちは『おぐまかん』先生と呼んでいました」とお聞きしたことです。
 もうひとつは、先生がどう自称していたか、です。どうも先生ご自身、「かん」と言っていた可能性があります。

 先生が1946(昭和21)年に出版された『虫の進軍』という著書です。
虫の進軍 表紙
 先生自らの装丁による表紙に、「KAN・OGUMA」と記されています。

 同書には、先生のポートレート写真が付いています。
小熊稈先生 ポートレート写真
 これにもやはり「Kan Oguma」と書かれています。これは先生のサインでしょう。その下の「2603」というのは、いわゆる皇紀の年号だと思います。西暦でいうと1943年、昭和でいうと18年。

 先生が描かれた色紙です(5月2日ブログ参照)。
小熊捍先生 色紙
 左下に、前掲肖像写真と同じ筆跡と思われるサインが署されています(赤い矢印の先)。

 やはりKanです。
小熊捍先生 色紙 サイン

 前掲『虫の進軍』には、先生の講演録が載っています。1945(昭和20)年8月25日、還暦を祝賀記念して北大理学部で催された講演会です。玉音放送の10日後というのに私は驚きますが、先生の誕生日は1885(明治18)年8月24日でした。
 その一節を以下、引用します(p.232、引用太字)。
 私の名の捍といふのは舊藩主がつけて呉れたので、「守る」という意味ださうです。何でも私の藩からまだ一人も軍人のエライ人が出ないから、この子は是非軍人に仕立てろといふ意味らしかつたのです。所が事實は凡そ對蹠的になり、とんだものになつてしまひました。
 この文脈からすると、先生は「かん」と音読みした上で、字訓として「守る」を言い添えたように思えるのです(末注②)。

 これらの伝聞、史料からして、今回、先生の名前のルビに(かん)と加えました。
 ただし、先生が「まもる」を称していなかったというのではありません。たとえば1966(昭和41)年に刊行された『雀の食堂』という随筆集の奥付には著者名に「Mamoru Oguma」と添えられています。また、1971(昭和46)年9月11日朝日新聞の死亡記事には「おぐま・まもる」と記されています。
 そもそも日本の人名の場合、漢字の読みに正誤は付けがたいといえましょう。先生の場合、「捍」というのはおそらくご存命当時もなかなか難しい読みだったと思います。まわりが「かん」先生と呼び慣わし、ご自身も肩ひじ張らないサインなどではKanのほうを好まれていたのではないかと私は拝察するのです。ローマ字にすると‘Mamoru Oguma’よりも‘Kan Oguma’のほうがスタイリッシュに見えます。いや、これは私の印象にすぎませんが。

ルビの(かん)は、かくかくしかじか、そんなわけです。

 末注①:『さっぽろ文庫66 札幌人名事典』1993年、p.88、『札幌の建築探訪』1998年、p.143など
 末注②:手元の漢和辞典『新版 漢字源』1999年の「捍」の項には音として「カン」「ガン」はあるが、訓は付されていない(p.547)。

スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック