FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/05/24

北辰斜にさすところ

 「第七高等学校造士館跡」碑です。
第七高等学校造士館跡碑
 「史跡 鶴丸城跡」ですが、鹿児島城(鶴丸城)の本丸跡には明治になって、第七高等学校が置かれました(末注)。校舎は第二次大戦の空襲で焼失しますが、戦後は後身の鹿児島大学キャンパスとなりました。その大学も移転し、現在は鹿児島県歴史資料センター(黎明館)があります。
 
 その庭先に、「七高生久遠の碑」という像が建てられています。
七高生久遠の碑
 旧制高校を経験した方はもはや絶滅危惧(大変失礼)に近い存在です。OBの人たちの青春に寄せるノスタルジーは独特に強く、学校があったところにはたいていこの種のモニュメントが建立されています。
 
 さもありなん、旧制官立高等学校の難関たるや、いまの大学の比ではありませんでした。その学生数の合計は帝国大学の定員の合計とほぼ同じだったといいます。戦前、帝国大学へ進んだ人は、同世代の人口比にして1%にも満たなかったのではないでしょうか。彼らは、世間一般とは隔絶した自由と自治の世界で、去りては再び帰らざる若き日の感激を謳歌していました。
 
 だいたい旧制高校は古い城下町とセットになっています。 
四高記念碑
 北陸・金沢の「四高記念碑」です(2014年5月撮影)。私は高校時代、井上靖の『北の海』を読み、金沢の街や旧制第四高等学校に憧れました。ノスタルジーが刷り込まれてしまったのです。
 画像の記念碑背後に写る煉瓦の旧校舎には、四高の遺物がいろいろ展示されていました。金沢は大きな戦災に遭わなかったので古い町並みが遺っています。金沢大学にも行きたかった。 

 鹿児島でこのたび七高造士館の遺跡を見て、「ああ、ここも同じだなあ」と想いました。札幌に帰ってきて今日、とある講演を聴き、この学校が札幌とゆかりがあることを初めて知りました。初代校長が札幌農学校の出身だったのです。宮部金吾や内村鑑三、新渡戸稲造と同期の岩崎行親という人です。昨日ブログで伝えた鶴丸高校の前身の旧制中学の校長も務めました。

 そもそも札幌農学校は黒田清隆の肝煎りで作られ、初代校長の調所広丈は薩摩藩の出身ですから、因果は巡る糸車といったところでしょうか。薩摩の精神風土にクラーク仕込みのピュリタニズムが札幌で注入されて、それが鹿児島にフィードバックされた。

 注:旧制高校で、七高だけが旧藩校由来の名前があとに付く。
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック