FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/05/15

校歌に歌われ、校章に描かれた北海道百年記念塔 ⑥

 厚別区の厚別中学校(厚別東3条5丁目)の校歌に百年記念塔が歌われていることがわかりました。
 これで校歌は計17校(小学校10、中学校6、高校1)です。校章は計9校(小学校5、中学校3、高校1)で変わりません。
 厚別中学校は記念塔から1.27㎞です。中学校ではもっとも近い距離にあります。開校が記念塔建立より古くなければ、歌われていても何ら不思議はありません。公式ウエブサイトで校歌・校章が公開されていなかったので、同校に直接お尋ねし、教えていただきました。また、『小野幌開基百年』1988年にも載っていて、現在も変わっていません(pp152-153)。
 ♪丘の上白雲流れ 原始林萌え立つあたり 百年の塔を仰げば 若人の夢は翻るよ…♪

 1984(昭和59)年4月の開校で、校歌・校章は前年の1983年にできた由です。私は厚別区民になって30年近くになりますが、この中学校が意外と新しい学校だと初めて知りました。

 同校が面する「原始林通り」から、記念塔を望みました。
厚別中学校から北海道百年記念塔を望む
 北東方向に見えます(赤矢印を付けた先)。 

 色別標高図で見ると、こんな位置関係です。
標高図 15m以下から5mごと色別 厚別中学校-記念塔
 15m以下から5mごとの色分け(陰影付き)で作成しました(国土地理院サイトから)。
 中学校(赤い)は標高26m、記念塔(黄色の六角形)は54.8m(+100m)です。小野津幌川の対岸から、「丘の上白雲流れ 原始林萌え立つあたり 」に仰げます。

 1980(昭和55)年の空中写真です(地理院サイトから)。
空中写真 1980年 厚別中学校周辺
 開校の翌年に当たります。
 学校の付近は、まだ原始林通りが新札幌に通じていません。小野津幌川の対岸は、記念塔から沢が注いでいます。遮るものがありません。野幌丘陵を削る谷の奥、記念塔がアイストップに位置しています。

 2008(平成20)年です。
空中写真 2008年 厚別中学校周辺
 小野津幌川の記念塔側に、市街地が広がっています。

 記念塔のことで今回初めて、学校を直接訪ねました。校長先生から校歌に対するお考えをお聞きすることができ、また、学校現場で記念塔のことがどのように話題になっているか、知ることができました。校舎のまわりをウロウロする(それも大事だと思いますが)だけでは得られない収穫です。
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック