FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/01/23

今年も挑戦 センター試験地理B ②

 2018年センター試験地理B第5問の問2。北欧三か国の発電エネルギー比グラフを読み取って、「火力、水力、原子力」を答えます。

 まずノルウェー。 
2018センター地理B 第5問 問2 ノルウェー
 96.1%、一つのエネルギーで大半の発電をまかなっています。フィヨルドの国という地勢からして、この96.1%はもう、水力でしょう。

 では、スウェーデンとフィンランドは…。
2018センター地理B 第5問 問2 スウェーデン

2018センター地理B 第5問 問2 フィンランド
 
2018センター地理B 第5問 問2 グラフ柄
 凡例「キ」のヨコ縞が「水力」としたら、「カ」のグレーのベタと「ク」の格子縞のどちらが「火力」でどちらが「原子力」か。

 スウェーデンは比較的、エネルギー源がバラけています。43.4%と相対的に最も多い「カ」(グレーのベタ)は火力か原子力か。一方、フィンランドは半分近くを「ク」(格子縞)が占めています。
 私は「カ」=火力、「キ」=水力、「ク」=原子力としました。、「キ」=水力は間違いないとして、スウェーデンの原子力の比重はさほど大きくないだろうと思ったのです。とすると、フィンランドは半分を原子力が占めることになりますが、それはそれで疑問が残りつつも、この国が世界に先駆けて高レベル核廃棄物の処分場(核のゴミ捨て場)を設ける(設けた)という報道を思い出しました。意外と原子力大国かもしれない。

 正答は、「カ」=原子力、「キ」=水力、「ク」=火力、でした。実はスウェーデンは原子力発電が4割を超えていたのですね。これはこれで意外でした。フィンランドにしても、3分の1を占めています。
 北欧というと高福祉先進国で、漠然とエコロジカルな国という印象が私にはあります。教育の質も高いと聞いた。大袈裟に言えば、人類の発展段階における一つの具体的モデルかなあとすら、思ってもいました。実際に行ったこともないので、余計に桃源郷のごとく見えるのかもしれません。ともかく、原子力が国を支えていたのです。勉強になりました。
 全国いたるところ地震の巣の日本は、北欧を見習うべきや否や(末注)。

 注:電事連のデータによると、我が国の「発受電電力量」は電力10社計で2015年度8,644.5億kWh、うち原子力は94.4億kWhで1.09%。東日本大震災前の2010年度は9,876.6億kWh、うち原子力は2,712.7億kWhで、27.4%を占めていた。
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック