FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/01/22

今年も挑戦 センター試験地理B

  「ムーミン」の問題でいつになく脚光を浴びた今年のセンター試験地理Bです。社会人の常識がどこまで通用するか。札幌時空逍遥はどこまで有効か。
 今年の結果は…。
 88点(100点満点中)でした。設問数35のうち、正答31、誤答4。
 大学入試センターの中間集計によると、受験者の平均点は68.00点、標準偏差は16.34、私の偏差値は50+(88-68.00)/16.34×10=62.2。
 うーん。
 問題が昨年より軟化したにもかかわらず得点が伸びず、偏差値が下がってしまいました。過去の偏差値は、2015年62.7、2016年54.2、2017年66.5です(2017.2.3ブログ参照)。今年の場合、100点満点で偏差値は70になります。地理オタクを僭称するからには、せめて得点で90点台には達したいものです。

 ムーミンに関していうと、設問で「ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメーション」の「いずれかを示したもの」と前提にしています。「そもそも設問自体が間違っている」と言っても、なかなか通用しないでしょうね。ただ、今後はこういう題材が採用されづらくなるか、設問がまわりくどくなるかもしれません。

 全体としては、オタク好みのマニアックな問はなかったと思います。私が誤答した4問のうち2問はケアレスミスでした。設問をきちんと読むか、少しアタマをはたらかせれば正答に達したであろうと悔やまれます。
 
 私が誤答した一つで、難問だったのはこの問題です。
2018センター試験 地理B第5問 問2
 北欧3か国(ノルウェー、スウェーデン、フィンランド)の発電エネルギー源(火力、水力、原子力)を問われました。

2018センター地理B 第5問 問2 ノルウェー
2018センター地理B 第5問 問2 スウェーデン
2018センター地理B 第5問 問2 フィンランド

 グラフの凡例三つ「カ、キ、ク」が、「火力、水力、原子力」のいずれに当たるか、です。
2018センター地理B 第5問 問2 グラフ柄
 「カ」はグレーのベタ、「キ」はヨコ縞、「ク」は格子縞です。
 これは引っかかりました。

2018.2.6追記
大学入試センターの最終集計によると、地理Bの平均点は67.99、標準偏差は16.33。よって私の得点(88点)の偏差値は、50+(88-67.99)/16.33×10=62.3。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック