FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2018/01/31

篠路駅前の倉庫をめぐる都市計画審議会の議論

 1月26日ブログの続きです。
 
 篠路駅東口の区画整理をめぐって、1月23日に開かれた第97回札幌市都市計画審議会で交わされた議論を整理します。
 
 数名の委員から、駅前の倉庫の保存を求める意見が出されました。
 「駅前の倉庫の保存を求める多くの意見書が出された。超一級の文化財ではないにしても、地域の景観的価値への住民の関心が高い」。
 「どこでも同じような駅前ではなく、個性ある景観のために倉庫の保存を求めたい」。
 「倉庫の保存について地域住民とともに十分検討してほしい」など。
 
 同時に、札幌市の担当部局に対して、おもに次のことが質されました。
 ①倉庫の土地建物所有者はどのような意向か?
 ②計画案で、倉庫を残す余地はあるのか?
 ③地域住民とどのような調整を図っていくのか?
 ④時間的な余裕はあるのか? 残すためのタイムリミットはいつか?
 ⑤市の景観審議会とは情報共有されているのか?

 これに対する札幌市(都市計画部事業推進担当部長)からの回答は、概要以下のとおりです。
 ①所有者は区画整理については理解していただいている。
 ②今回の決定される計画は区画整理のアウトラインである。区域の中のレイアウトについては(都市計画決定の対象外だが)、出された意見書もふまえ、地域の皆さんと協議していきたい。位置的には、(保存の)可能性はある。
 ③倉庫を保存するとなると、どのように維持管理・運営していくのかという方法を検討する必要がある。札幌市が所有することは財政的に困難である。今後、所有者にも理解を求めつつ、協議していきたい。
 ④平成30年度末までに国土交通大臣の事業認可がおりるようにしたい。その(申請に要する)事業計画を出す(のがリミット)。
 ⑤(地域計画課長)倉庫については歴史的建物としての価値を認めており、今後景観審議会で情報共有していきたい。

 上記のやりとりはあくまでも私が聞き取ったものですので、正式には今後札幌市から公表される議事録でお確かめください。①について、倉庫の所有者が保存に対してどのような意向を持っているかは、明らかにされませんでした。③について、委員からも「住民の側と(倉庫の保存に要する)負担をめぐる協議も必要である」という意見が出されました。④について、来年度末までに国交大臣の事業認可がおりるためには、当然その前に事業計画を出す必要があります。これをいつまでに作るかが問題ですが、そこまでは明らかにされませんでした。

 とまれ、審議会は採択の結果、札幌市の計画案は賛成多数で同意されました。今後都市計画決定されることとなります。

  なお、本件倉庫をめぐって一部で「移転などの措置が取られそう」という情報が流れていますが、さる1月23日の審議会の議論ではそこまでの方針は打ち出されておりません。成り行きはまだまだ見通せていません。逆に言えば、それゆえ2月4日のシンポジウムが意味を持つことになります。
スポンサーサイト

2018/01/30

札幌建築鑑賞会通信『きー すとーん』第78号発行

きー すとーん№78 表紙
 表紙絵のカラー版を鑑賞会公式ブログに載せましたので、そちらも味わっていただければ幸いです。

 作者のSさんの添書き文にあるように、描かれたK牧場(北区篠路町上篠路)のサイロ・牛舎は解体されて、すでにありません。私は昨年4月にKさん宅を尋ね、牧場の由来をお訊きしたのが最後となりました(2017.4.10ブログ参照)。

 昨年12月下旬に撮った現況です。
上篠路 K牧場跡
 サイロ在りしとき、Kさんからお話を伺っておいてよかったと思います。Sさんの絵画作品も、篠路の歴史を伝える貴重な史料となりました。

2018/01/29

大通公園の黒田、ケプロン像

 佐藤忠良のレリーフ「開拓」(1月27日ブログ参照)は、“まぼろしの百年記念塔”構想(1月17日ブログ参照)が一つのきっかけとなったと私は想います。“まぼろし”塔が階層性、上下関係を明確に示していたのに対し、レリーフは必ずしもそうは見えません。北海道の歴史が時系列で横並びされています。“開拓”の視点であることは否めません。こんにち的にみれば限界、制約はあります。しかし私は、このレリーフもまた歴史的な産物であることを見て取りたいと思います。 

 一方、“まぼろし”の構想は、別な形で実現しました。
 民間有志によって1967(昭和42)年、「北海道開拓功労者顕彰像」が4体、建立されたのです。4体というのは、黒田清隆とホーレス・ケプロン、岩村通俊、永山武四郎です(末注)。

 黒田とケプロンの像は、札幌の大通公園、西10丁目にあります。
大通公園 黒田、ケプロン像
 “まぼろし”構想時の明治天皇、黒田、佐藤昌介、依田勉三から、上記の4体に変わりました。

 これらの像は、民間有志が「建立期成会」を作り、寄付金を集めて建てたものです。会長は当時の北海道商工会議所連合会会頭。建てられたのは都市公園内で、建立には北海道と札幌市、旭川市の補助金も充てられています。百年記念塔は、道費に民間の寄付を加え、知事を会長とする「建設期成会」のもとで建てられました。規模の違いはありますが、記念塔と4銅像に本質的な違いはないのではないかと私には思えます。

 もし、「アイヌ民族には絶対に容認できない、アイヌ民族不在の歴史観に基づく」ことを理由に、百年記念塔を「早急に解体」すべきだとするならば(1月10日ブログ参照)、つまり老朽化を本質的理由としないならば、論理的には4銅像もその対象とせざるをえなくなります。札幌市役所本庁舎ロビーの島義勇像はどうでしょうか。台座に刻まれている銘文は「容認」できるものでしょうか(2017.7.26ブログ参照)。解体する・しないをどこで線引きできるか。

 かつてソ連邦が崩壊したとき、かの国の各地でレーニン像が倒されました。現在、米国では南部の州で南北戦争の南軍側英雄(リー将軍とか)の銅像を撤去する動きがあると聞きます。百年記念塔の解体を求める意見と通底する現象に見えます。
 過去の歴史観を現在の歴史観で裁くこと=“後出しじゃんけん”には、慎重でなければならないと私は思います。しかし、レーニン像にせよ、リー将軍像にせよ、“後出しじゃんけん”とは言い切れない同時代性が包含されています。問題はどう裁くか、だとも思うのですが、これが一筋縄ではいきません。
 
 ありきたりな結論で申し訳ないのですが、銅像や碑、モニュメントというモノは、建てるのも、遺すのも、壊すのも難しい。
 百年記念塔については、ありきたりではなく危険な結論を述べます。無責任を承知で言いますが、「北海道百年」の歴史的末路として自壊に委ねるというのはどうでしょうか。ひたすら朽ち果てるのを待つ。周囲に「破片が飛散して危険です」という注意を促して、カネをかけずに放置する。「見るに堪えない」って?(1月21日ブログ参照) しかし、そういうモノを50年前に先人が造ったのですからね。

 注:『北海道百年記念事業の記録』1969年に、「この案(引用者注:明治天皇ほかを顕彰する記念塔構想)に対しては、像の対象人物の選び方と建設場所が問題であるという意見もあり、のち結果的には記念塔と別に開拓功労者の銅像が民間有志によって建立されることになった」と記されている(p.48)。岩村像は円山公園、永山像は旭川の常盤公園に建てられた(同書p.137)。 

2018/01/28

忠良さんのレリーフ 道庁と百年記念塔

 佐藤忠良のレリーフ「開拓」。
 道庁庁舎の説明によると、1967(昭和42)年から1968(昭和43)年6月に制作されました。
 道庁の大理石壁面と北海道百年記念塔の鉄製を見比べると、一部異なっています。
道庁 忠良さんレリーフ 拡大
百年記念塔 忠良さんレリーフ 拡大
 前者では、先住民の狩猟に続いて右側には針葉樹林(エゾマツか)、そして木を伐る開拓者が彫られていますが、後者では樹林の隣は馬に乗る二人の人物、開拓使の本庁舎が続きます。樹林の上のエゾシカ?は、道庁のは2頭ですが、記念塔は1頭です。記念塔の方は、通路のサイズに合わせて一部割愛されたのでしょうか。

 騎乗の二人は、手前が黒田清隆、奥がケプロンです。その二人の右上に、異なる七光星が輝いています。
道庁 忠良さんレリーフ 七光星
百年記念塔 忠良さんレリーフ 七光星
 記念塔の方は、百年記念で制定された北海道章のデザインとなっています。

 忠良さんのレリーフは、まぼろしの百年記念塔(1月17日ブログ参照)で構想された「開拓の絵図」の「浮き彫り」が実現されたもののように思えます。

2018/01/27

北海道百年記念塔 レリーフ

 私は知らなかったのですが、北海道百年記念塔のピロティ(1階の真ん中の通路)にレリーフが飾られています。
北海道百年記念塔 ピロティ
 忠良さんの作品だそうです。

 現在、傍までは近づけないので、デジカメをズームして撮りました。
北海道百年記念塔 レリーフ
 察するに、北海道開拓の歴史が表現されています。

 実は、これと同じものが別のところにあります。どこかというと…。
北海道庁 庁舎
 北海道庁庁舎です。

 正面玄関を入って、1階から2階までの吹き抜けのロビー壁面に彫られています。
道庁ロビー 忠良さんレリーフ
 先住民らしき人が狩猟し、入植者が木を伐っているような風景です。

 レリーフは絵巻物のように続きます。
道庁 忠良さんレリーフ②
 開拓使本庁舎や時計台も見えます。

 いろいろな産業が繰り広げられています。 
道庁 忠良さんレリーフ③

 説明も付けられています。
道庁 忠良さんレリーフ 説明

2018/01/26

JR篠路駅東口の土地区画整理事業

 JR篠路駅東口に計画されている駅前広場の図面です(方位はおおむね3時の向きが北)。
篠路駅東口 土地区画整理事業 設計図案  駅前広場
 白ヌキした三つの長方形は、私が加筆しました。現在札幌軟石の倉庫が遺っています。
 「駅前広場」とされる一帯のうちの、かなりの部分を倉庫が占めることになります。この計画図を描いた人は、倉庫の存続を想定しているのだろうか? 

 1月23日に開かれた札幌市の第97回都市計画審議会では、出席した委員の一人から「計画図を見る限り、倉庫(の保存)は想定されていないように見えるが、どうか?」という質問が出されました。
 実は、このような質問が出たのは、計画案に対して軟石倉庫の保存活用を求める意見書(末注)が数多く出されたことが関係しています。もし意見書が出されていなかったら、軟石倉庫のことはおそらく話題に上らなかったでしょう。というのは、本件計画は昨年11月20日に開催された第96回審議会で「事前説明」されたのですが、倉庫のことはまったく情報提供されていませんでした。それもそのはずで、札幌市の担当部局からすると、倉庫を保存する・しないは都市計画決定の対象ではないからです。
 都市計画の決定事項ではなくても、このような駅前広場の区域が設定されれば、倉庫の存続は事実上不可能ではないか。その参考になる“見本”が、篠路駅にはすでにあります。

 地元の方はご存知のとおり、駅西口の駅前広場です。
JR篠路駅西口 駅前広場
 駅から、南西方向を眺めました。駅前はロータリーになっています。駅前広場というとこんな感じで、建物は想定されないのが普通でしょうね。

 現在図に東口「駅前広場」の計画区域を示してみます(元図は国土地理院標準地形図、方位は3時の向きが北)。
地理院地形図 JR篠路駅周辺 区画整理事業エリア
 黄色の○で囲ったのは西口の広場、橙色の線で囲ったのが東口の計画区域で、赤い長方形三つが軟石倉庫です。ここに、西口のようにロータリーを設けたら、軟石倉庫はクルマの動線の支障に見えます。審議会の委員からも、そういう疑義が呈されたのです。[つづく]

 注:都市計画法に基づき、都市計画の案は前もって公表され、これに対して住民は意見書を出すことができる。本件については、昨年(2017年)12月に計画案が縦覧に供された。意見書については審議会の議論に付されることとされている。札幌市サイト参照。

2018/01/25

札幌市都市計画審議会を傍聴しました。

 昨日ブログの続きです。
 1月23日に開催された第97回札幌市都市計画審議会を傍聴しました。議案については札幌市のホームページで公開されています。焦点は「諮問案件」の「3」、なかんづく「第3号 土地区画整理事業の決定[篠路駅東口]」です。この審議会で議案が了承されれば、この内容が都市計画決定されることになります。
 
 いずれ議事録も公開されると思いますが、拙ブログで速報的にお知らせしましょう。
 「第3号 土地区画整理事業の決定[篠路駅東口]」の計画書・計画図の5ページに、「設計図(案)」が載っています。
篠路駅東口 土地区画整理事業 設計図案
 この設計図案は、JR篠路駅東口に計画されている駅前広場や道路、公園を現況図に色塗りして示しているのですが、現況からどう変わるのか、図面だけではなかなかピンとこないと思います。昨日ブログに載せた札幌軟石倉庫3棟がどこに位置しているか、地元の方でない限り判りづらいでしょう。

 そこで、私は図面に倉庫3棟の配置を加筆してみました。 
篠路駅東口 土地区画整理事業 設計図案  軟石倉庫配置
 図面の右方、橙色で塗られた「駅前広場」とされるところで、白ヌキした三つの長方形がそれです。

 いわゆる「駅前広場」と聞いて一般に想像される風景からすると、この3棟の現況配置はどう見えるでしょうか。審議会の議論も、ここに集中しました。[つづく]

2018/01/24

篠路のまちづくりを考えるシンポジウム

 2月4日に「篠路のまちづくりを考えるシンポジウム」が開催されます。
篠路シンポジウム案内
 
 篠路コミュニティセンターにて、午前10時から午後3時まで。午前中はシンポジウム、午後からは和太鼓や阿波踊りの実演、体験、地元作家の手作りマーケット、札幌軟石ワークショップ(軟石や)などのイベントです。
 午前中のシンポジウム「まちの魅力を見つめ直そう」では、私も小報告します。入場無料、出入り自由です。どうぞご参加ください。私はおもに札幌軟石のことをテーマに語る予定です。

 篠路はこれから、街並み風景が大きく変わろうとしています。
JR篠路駅 
 JR線の高架化、駅の橋上化(バリアフリー)に伴う都市計画が進められるためです。

 現在、札幌軟石の倉庫3棟が遺る、この場所は札幌市によって駅前広場が構想されています。
篠路駅前 T倉庫
 地元では、軟石倉庫の保存活用を望む声があるのです。それで、軟石建物のことを調べてきた私にお呼びがかかりました。

 昨日(1月23日)、篠路駅東口の都市計画を決めるための市都市計画審議会が開かれ、地元の方と一緒に傍聴してきました。というのは、審議会の動向は倉庫群の行く末にも影響を及ぼすからです。極論すれば、審議会の議論によっては、倉庫群の保存活用の芽が潰えます。

2018/01/23

今年も挑戦 センター試験地理B ②

 2018年センター試験地理B第5問の問2。北欧三か国の発電エネルギー比グラフを読み取って、「火力、水力、原子力」を答えます。

 まずノルウェー。 
2018センター地理B 第5問 問2 ノルウェー
 96.1%、一つのエネルギーで大半の発電をまかなっています。フィヨルドの国という地勢からして、この96.1%はもう、水力でしょう。

 では、スウェーデンとフィンランドは…。
2018センター地理B 第5問 問2 スウェーデン

2018センター地理B 第5問 問2 フィンランド
 
2018センター地理B 第5問 問2 グラフ柄
 凡例「キ」のヨコ縞が「水力」としたら、「カ」のグレーのベタと「ク」の格子縞のどちらが「火力」でどちらが「原子力」か。

 スウェーデンは比較的、エネルギー源がバラけています。43.4%と相対的に最も多い「カ」(グレーのベタ)は火力か原子力か。一方、フィンランドは半分近くを「ク」(格子縞)が占めています。
 私は「カ」=火力、「キ」=水力、「ク」=原子力としました。、「キ」=水力は間違いないとして、スウェーデンの原子力の比重はさほど大きくないだろうと思ったのです。とすると、フィンランドは半分を原子力が占めることになりますが、それはそれで疑問が残りつつも、この国が世界に先駆けて高レベル核廃棄物の処分場(核のゴミ捨て場)を設ける(設けた)という報道を思い出しました。意外と原子力大国かもしれない。

 正答は、「カ」=原子力、「キ」=水力、「ク」=火力、でした。実はスウェーデンは原子力発電が4割を超えていたのですね。これはこれで意外でした。フィンランドにしても、3分の1を占めています。
 北欧というと高福祉先進国で、漠然とエコロジカルな国という印象が私にはあります。教育の質も高いと聞いた。大袈裟に言えば、人類の発展段階における一つの具体的モデルかなあとすら、思ってもいました。実際に行ったこともないので、余計に桃源郷のごとく見えるのかもしれません。ともかく、原子力が国を支えていたのです。勉強になりました。
 全国いたるところ地震の巣の日本は、北欧を見習うべきや否や(末注)。

 注:電事連のデータによると、我が国の「発受電電力量」は電力10社計で2015年度8,644.5億kWh、うち原子力は94.4億kWhで1.09%。東日本大震災前の2010年度は9,876.6億kWh、うち原子力は2,712.7億kWhで、27.4%を占めていた。

2018/01/22

今年も挑戦 センター試験地理B

  「ムーミン」の問題でいつになく脚光を浴びた今年のセンター試験地理Bです。社会人の常識がどこまで通用するか。札幌時空逍遥はどこまで有効か。
 今年の結果は…。
 88点(100点満点中)でした。設問数35のうち、正答31、誤答4。
 大学入試センターの中間集計によると、受験者の平均点は68.00点、標準偏差は16.34、私の偏差値は50+(88-68.00)/16.34×10=62.2。
 うーん。
 問題が昨年より軟化したにもかかわらず得点が伸びず、偏差値が下がってしまいました。過去の偏差値は、2015年62.7、2016年54.2、2017年66.5です(2017.2.3ブログ参照)。今年の場合、100点満点で偏差値は70になります。地理オタクを僭称するからには、せめて得点で90点台には達したいものです。

 ムーミンに関していうと、設問で「ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメーション」の「いずれかを示したもの」と前提にしています。「そもそも設問自体が間違っている」と言っても、なかなか通用しないでしょうね。ただ、今後はこういう題材が採用されづらくなるか、設問がまわりくどくなるかもしれません。

 全体としては、オタク好みのマニアックな問はなかったと思います。私が誤答した4問のうち2問はケアレスミスでした。設問をきちんと読むか、少しアタマをはたらかせれば正答に達したであろうと悔やまれます。
 
 私が誤答した一つで、難問だったのはこの問題です。
2018センター試験 地理B第5問 問2
 北欧3か国(ノルウェー、スウェーデン、フィンランド)の発電エネルギー源(火力、水力、原子力)を問われました。

2018センター地理B 第5問 問2 ノルウェー
2018センター地理B 第5問 問2 スウェーデン
2018センター地理B 第5問 問2 フィンランド

 グラフの凡例三つ「カ、キ、ク」が、「火力、水力、原子力」のいずれに当たるか、です。
2018センター地理B 第5問 問2 グラフ柄
 「カ」はグレーのベタ、「キ」はヨコ縞、「ク」は格子縞です。
 これは引っかかりました。

2018.2.6追記
大学入試センターの最終集計によると、地理Bの平均点は67.99、標準偏差は16.33。よって私の得点(88点)の偏差値は、50+(88-67.99)/16.33×10=62.3。

ホーム

HomeNext ≫

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック