FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2017/09/22

厚別はどうして、新さっぽろになったのか?

 9月26日の「厚別歴史散歩」の配布資料、ほぼできあがりました。見どころポイント17箇所の説明+古地図+古写真ほかで、A4サイズ17ページ。これに引用参考文献一覧を付けるので、計18ページにはなりそうです。作りすぎた。
 それでも、作ってみて判ったこともあります。昨日ブログで記したように、今回の「歴史散歩」は私自身の日常生活の徒歩圏です。普段何気なく歩いているエリアですが、「知らないことが多い」ことを知りました。新さっぽろやひばりが丘と聞いて、札幌市民はどういう印象をいだくでしょうか。新しいマチというか、歴史的集積をあまり実感できないエリアというのがおおかたではないかと思います。しかし、けっこう濃厚に時空を楽しめるものだなと思い直しました。

 私は今回のテーマを「厚別はどうして、副都心になったのか?」と、勝手に考えています。「どうして」は、Why?とHow?の両方を含みます。新さっぽろを「副都心」といえるのか?という根源的な自問もありますので、言い換えれば「厚別はどうして、‘新さっぽろ’になったのか?」でしょうか。さらに言い換えれば、「新さっぽろは、‘新’さっぽろといえるのか?」  厚別区は人口減少と高齢化が進んでいます。たしか、「消滅可能性都市」なるお墨付きももらいました。札幌10区の中で「先を行っている」という意味では、‘新’さっぽろなのかもしれません。
 まあしかし、おそらく私は死ぬまで厚別区を離れることはないと思うので、できるだけこの地を楽しむようにしたいと思います。

 閑話休題。
阿部農場関係書類 昭和9年 表紙
 先日、厚別ゆかりの阿部仁太郎のご子孫に私を含む「厚別区民歴史文化の会」の面々がお会いしたことを記しました(9月9日ブログ参照)。ご子孫から古い書類も見せていただきました。ご子孫からの聞取りも含め、この一次史料により、これまで拙ブログで綴ってきたことを裏付けられました。のみならず、阿部仁太郎が札幌でどれだけ土地を持っていたか、どのような農場経営をしていたか、大づかみで判りました。これらも、26日の散歩でお伝えできたらと思います。
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック