札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。

2017/09/14

円山裏参道公園はどうしてできたか ③

 1942(昭和17)年「札幌都市計画図」からの抜粋です(原図は札幌市公文書館蔵)。
1942年都市計画図 南2西20周辺
 黄色の○で囲ったのが、先日来話題にしている円山裏参道公園になる場所(南2条西20丁目)です。

 この計画図の地図で、くだんの箇所は四角形の島になっています。一昨日ブログに載せた富貴堂の「札幌市街案内図」でも、ほぼ同じカタチの四角形でした。おおやけの図面で裏付けられました。この四角形のほぼ対角線上(ナナメ)に南1条通がショートカットされます。その形跡は、昨日ブログに載せた空中写真に載せたように、昭和20年代すでに窺われます。
 これも昨日記したように、私はそれを南1条通から西20丁目通を通る市電との交通緩和とみました。しかし、前掲図(あるいは一昨日の富貴堂地図)に見られる四角形の島の時点で、その目的は実現されています。

 前掲図で示すと、こんなふうに想像しました。
1942年都市計画図 南2西20周辺 
 札幌中心部から西(円山方面)へ向かう交通を黄色の線、西(円山方面から札幌中心部(東)へ向かう交通を橙色で示しました。青い線が市電です。南1条通から西20丁目通へ曲折するところの負荷を下げることができます。それでも黄色の西向きルートはクランクしていますので、ナナメのショートカットは交通の流れをさらに効率化したということになりましょう。

 円山裏参道公園の現在の風景です。
円山裏参道公園 南から北を望む
 南2条西20丁目、西20丁目通から北を眺めました。
 ナナメのショートカットの道路が公園化されて、三角形から四角形にいわば先祖返りしたことになります。
 
 今シリーズのテーマである「円山裏参道公園はどうしてできたか」には、二つの意味があります。一つはhow?で、もう一つはwhy?です。
 前者のhow?は、これまで述べてきました(末注)。後者のwhy?について触れておきます。
 私は、この公園の目的を当初、ナナメの道によって生じていた変形交差点の解消にあると思っていました。

 国土地理院2008年空中写真で、三角公園当時の場所です。
2008年空中写真 南2西20周辺
 一種の五差路といえる交差点でした。南1条通をクルマで通過する分には便利かもしれませんが、便利ということは危険を伴っていたとも思います。市電の軌道もなくなって久しく、これも時代の趨勢か。

 しかし、造園家のSさんに尋ねたところ、札幌市の目的は道路交通上のことではなくて、あくまでも公園そのものにあることを知りました。この周辺は近年居住人口が増えているため、避難場所も兼ねた公園が必要だったそうです。新たに確保できる適当な土地が付近になく、従前公園的に使われてきた三角形を四角化することで、正式な(都市計画法上の)公園としたとのことです。
 結果的に道路をつぶして公園にしたということは、それはそれで時代の趨勢といえるかもしれません。[おわり]

 注:公園そのものがどのようにしてできたかは、札幌市サイトを参照
 ↓
http://www.city.sapporo.jp/ryokuka/keikaku/sankaku/sankaku.html
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR